元AMON AMARTHのフレドリック・アンデションが在籍していた スウェーデン出身メロディック・デス・メタルTHIS ENDINGが4th「NEEDLES OF RUST」を6月11日にリリース

前身バンド時代を含めるとキャリアは1991年に遡り、 元AMON AMARTHのフレドリック・アンデションが在籍していたことでも知られるスウェーデン出身の4人組メロディック・デス・メタル・バンド THIS ENDINGが4thアルバム「NEEDLES OF RUST」をBlack Lion Recordsより6月11日にリリースする。
This Ending - Annihilate - ( Official Lyric Video 2021)
Black Lion Records
THIS ENDING
「NEEDLES OF RUST」


発売日:2021年6月11日
レーベル:Black Lion Records
品番:BLPD89

<収録曲>
①My Open Wound
②Annihilate
③Embraced By The Night
④Eclipse Of The Dead
⑤A New Plight
⑥Needles Of Rust
⑦Devastate
⑧Hell To Hell
⑨The Haunted
<メンバー>
・モールテン・ハンセン<vo>
・リーヌス・ニールブラント<g,vo>
・リーヌス・ペッテショ ン<b>
・ペーテル・ナジ<ds,key>

<バイオグラフィー>
THIS ENDINGは、スウェーデンの首都ストックホルムで活動する4人組メロディック・デス・メ タル・バンド。元AMON AMARTHのフレドリック・アンデションがギタリストならびにドラマーとし て在籍していたことでも知られる。モールテン・ハンセン<vo>、リーヌス・ニールブラント <g,vo>、それにフレドリックらを中心に、A CANOROUS QUARTETとして1991年に結成。メ ンバー交代に伴って5人編成になるとA CANOROUS QUINTETに改称し、1995~1996年 にかけてフル・アルバムとEPを各1枚リリースするが、1998年にバンドは一時解散する。 2005年に入ると、バンドはTHE PLAGUE名義で活動を再開。同名義でのデモ音源『LET THE WORLD BURN』を足がかりに、アメリカの「Metal Blade Records」とのディールを獲得。 これを機に、現在のTHIS ENDINGとしての1stアルバム『INSIDE THE MACHINE』(2006年) がリリースされる。その後はメンバー交代を重ねつつ、フル・アルバム2枚とEPを1枚リリースし たが、2020年8月にフレドリックが脱退(ただし本作の作曲には関与)。そこでバンドは、当 初セカンド・ギタリストだったペーテル・ナジをドラマーにコンバートすることで難局を乗り切り、 フルレンスとしては約5年ぶりとなる4thアルバムをリリースするに至った。なお本作には、元 DARK FUNERALのセムゴロス<vo>とDARKENEDのゴード・オルソン<vo>がバッキング・ヴォー カルとしてゲスト参加している。
 

This Ending band-Official Facebook

This Ending band-Official Facebook
- Swedish Melodic Death Metal done right
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

エクストリーム・メタル ディスク・ガイド

エクストリーム・メタル ディスク・ガイド

2,970円
スラッシュ/ハードコア/スピード・メタル ディスク・ガイド

スラッシュ/ハードコア/スピード・メタル ディスク・ガイド

2,750円

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ