フィンランドの人気メロディック・メタル・バンドBEAST IN BLACKの待望のニュー・アルバムが10月29日発売決定! 先行シングルのMVも公開!

元BATTLE BEASTのアントン・カバネン<g>率いるフィンランドの人気メロディック・メタル・バンドBEAST IN BLACKが、約2年半振りとなるニュー・アルバム「DARK CONNECTION」を10月29日に世界同時発売することを発表し、同作からの先行シングル”Moonlight Rendezvous”のMVをリリースした。

「FROM HELL WITH LOVE」(2019年)に続く通算3枚目のスタジオ・アルバムとなる「DARK CONNECTION」について、バンドはこう説明する。
「今回は『アミテージ・ザ・サード』『電脳都市OEDO808』『AD.POLICE』『アリータ:バトル・エンジェル』『バブルガムクライシス』といったサイバーパンク・アニメや、リドリー・スコット監督の名作映画『ブレードランナー』などが基本的なインスピレーション源になっている。そしていつものように、三浦建太郎氏のマンガ『ベルセルク』の影響がなければBEAST IN BLACKのアルバムは成立し得ない。残念なことに、このアルバムの制作中に三浦氏が亡くなってしまった。だから、『DARK CONNECTION』は三浦氏に捧げられているんだ」

そして、ニュー・シングル”Moonlight Rendezvous”については、「これは重厚でダークなサイバーパンクのラヴ・ストーリーだ。長編映画1本分のストーリーを、予告編のようにならないように6分に凝縮し、かつすべてのピースを組み合わせて完全に意味を持たせることは、不可能なミッションに思えたが、チャレンジが大きければ大きいほど野心と興奮が高まるのが我々だ」とコメントしている。

ニュー・アルバムについてアントン・カバネンは次のように語っている。
「本当に良い曲というのは、すべてのアレンジを取り去ってアコースティック・ギターだけでプレイしてもメロディが強力なものだよ」
「80年代を覚えているかい? メタルのアルバムを買って、ジャケットを何時間も眺めて、歌詞をじっくり読んで…。BEAST IN BLACKが作りたいのはそういうアルバムなんだ」


今回の新作には、MANOWARの”Battle Hymn”、マイケル・ジャクソンの”They Don't Care About Us”という両極端とも言えるカヴァー曲が収録されているのも注目ポイントだ。
BEAST IN BLACK
- Moonlight Rendezvous (OFFICIAL MUSIC VIDEO)
BEAST IN BLACK
「DARK CONNECTION」

2021年10月29日発売

<収録曲>
01. Blade Runner
02. Bella Donna
03. Highway To Mars
04. Hardcore
05. One Night In Tokyo
06. Moonlight Rendezvous
07. Revengeance Machine
08. Dark New World
09. To The Last Drop Of Blood
10. Broken Survivors
11. My Dystopia
12. Battle Hymn(MANOWAR cover)
13. They Don't Care About Us(MICHAEL JACKSON cover)
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

BURRN! 2020年05月号

BURRN! 2020年05月号

820円
BURRN! 2019年12月号

BURRN! 2019年12月号

820円

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ