BULLET FOR MY VALENTINEが10月リリースのニュー・アルバムから新曲 ”Knives”を先行配信!

Bullet For My Valentine
- Knives


英国最大のヘヴィ・メタル・バンドの1つ、BULLET FOR MY VALENTINEが、7作目となるニュー・アルバム「BULLET FOR MY VALENTINE」を10月22日にリリースすることが決定し、同作からの先行シングル”Knives”のミュージック・ビデオが公開された。

※以下、メーカー・インフォメーションより

この曲が示すように、またもバンドが新しいチャプターを開く、これまでで最もヘヴィで激しいサウンドのアルバムとなっている。

「これはBullet 2.0の始まりだ」と、ヴォーカル&ギタリストのマット・タックは言う。「これは、俺たちが今いる場所を示している。音楽はフレッシュで、アグレッシヴで、これまで以上に直感的で情熱的なものになっている」

 

2018年にリリースした前作『グラヴィティ』では斬新なアプローチで自身のサウンドを掘り下げ、全英アリーナ・ツアーなど彼らにとって過去最大規模のライヴを行い、全米では累計ストリーミング再生回数が10億を超えた。

今作ではバンドは基本に立ち返り、鋭いソロや凄まじいリフを詰め込んだアルバムとなっているというので、早くも楽しみだ。2019年9月にマット・タックが曲作りを開始、コロナ禍を経て2020年6月にプロデューサーのカール・ボウン(前作『グラヴィティ』、2015年『ヴェノム』も担当)と共に作業を再開したという。

 

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインは今週末UKで開催されるダウンロード・フェスティバルのパイロット版でヘッドライナーを務める。新曲「ナイヴズ」も披露されるだろう。

ニュー・アルバム
BULLET FOR MY VALENTINE
「BULLET FOR MY VALENTINE」

10月22日発売

※日本盤リリース詳細は決定次第こちらに掲載します:https://www.universal-music.co.jp/bulletformyvalentine/
ニュー・シングル
BULLET FOR MY VALENTINE
「Knives」

発売中
BULLET FOR MY VALENTINE

     pic:Fiona Garden
 

・マット・タック (Matt Tuck) – Vocals and rhythm guitar
・マイケル ’パッジ’ パジェット (Michael “Padge” Paget) – Lead guitar
・ジェイミー・マティアス (Jamie Mathias) – Bass
・ジェイソン・ボウルド (Jason Bowld) - Drums

 

1998年に結成されたウェールズ出身のブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインは、デビュー・アルバム『ザ・ポイズン』でブリティッシュ・メタルコアを定義づけ、これまでに全米での累計ストリーミング再生回数が10億を超え、3枚のアルバムがゴールド認定されるなど、最大のメタル・バンドの一つとなった。

KERRANG!アワードでは「ベスト・ブリティッシュ・バンド」を3年連続で受賞、またベスト・シングル、ベスト・ライヴ・バンド、ベスト・ブリティッシュ・ニューカマーも受賞している。メディアそしてファンからの信頼は厚く、彼らに影響を与えたヒーロー達であるアイアン・メイデンやメタリカなどが進んでBFMVをツアーに同行させ、共演している。

 

■リンク

公式サイト(日本): https://www.universal-music.co.jp/bulletformyvalentine/

OFFICIAL SITE(海外): https://www.bulletformyvalentine.com/

Instagram(海外): https://www.instagram.com/bfmvofficial/

Twitter(海外): https://twitter.com/bfmvofficial

FACEBOOK(海外):https://www.facebook.com/BulletForMyValentine/

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

エクストリーム・メタル ディスク・ガイド

エクストリーム・メタル ディスク・ガイド

2,970円
スラッシュ/ハードコア/スピード・メタル ディスク・ガイド

スラッシュ/ハードコア/スピード・メタル ディスク・ガイド

2,750円

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ