【速報】ANTHEM、ドイツ「KEEP IT TRUE」フェスティバル出演は熱狂の中で終了!

ドイツのメタル・フェスティバル『KEEP IT TRUE』に出演したANTHEMのライブの模様を速報的にレポート。

Report by 別府 “Veppy” 伸朗

ANTHEM初のヨーロッパ公演終了!


ANTHEM初のヨーロッパ公演であるドイツのメタル・フェスティバル「KEEP IT TRUE」の出演が終わった。

初日26日のフェスティバル中盤戦に登場のANTHEM。メジャー/インディ問わずにドイツのメタル雑誌にてかなり露出していたことも関係してか、彼らの出演前にはかなりの数のカメラマンがステージ前に集まり、袖には関係者や他の出演者たちが様子を見に来ていた。ライブは“Bound To Break”から始まり、パワフルな演奏でオープニングからステージにくぎ付けにさせ、ラストの“Wild Anthem”まで約1時間の演奏時間を一気に駆け抜けた。
 
彼らのことを期待して長年ヨーロッパでプレイするのを待っていた熱狂なファンから、日本から何かバンドが来たから見てみるかといった風のライトなファンまで、ANTHEMのパフォーマンスは心を響かせた様子で、誰もその場を去らずに会場後ろまでビッシリと埋まったままだった。

日本語であろうと素晴らしいパフォーマンスをすれば言葉の壁を軽く超える、それをこの日のANTHEMは証明していたと私は思った。ANTHEMの熱量に応えるべく、めちゃくちゃではあったがステージの彼らと共に歌っていた海外のファンの姿にも心を打たれた。

この日のANTHEMのライブを含めたKEEP IT TRUEの様子はBURRN!本誌での掲載も予定しているので、ファンの皆様はお楽しみに!
ANTHEM終了直後のファンの反応

長蛇の列を作ったサイン会

ANTHEM終演後に行われたサイン会では素晴らしいパフォーマンスを行ったこともあってか、ファンは長蛇の列を作り、ANTHEMのメンバーはファンから求められるサインと写真撮影の対応に嬉しい悲鳴を上げていた。予定されていた30分で全くサイン会は終わらず、1時間を超えてサイン会は終了となった。

楽屋にはANTHEMのメンバーに感謝を伝えるべくKEEP IT TRUEのオーガナイザーであるオリバー氏が訪れていた。

そんなANTHEMのメンバーは翌27日にドイツを離れ帰国の予定だ。
ANTHEMサイン会の様子
     サイン会終了後のANTHEM一同。
     ANTHEM一同とオーガナイザーのオリバー氏。
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

BURRN! JAPAN Vol.9

BURRN! JAPAN Vol.9

1,320円
BURRN! 2020年07月号

BURRN! 2020年07月号

820円

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

記事が見つかりませんでした

ページトップ