カルメン・マキ&OZ

カルメン・マキ&OZ

1969年、“時には母のない子のように”で歌手デビューしたカルメン・マキと、当時18歳であったギタリストの春日博文らとともに結成したロック・バンド。日本のロック黎明期に高い人気を獲得した。ジェフ・ベック・グループやグランド・ファンク・レイルロードの来日公演のオープニング・アクトを務めた。

カルメン・マキ&OZの記事一覧

1 件