米サウスカロライナ州グリーンビル発テクニカル・デスメタル×ワールドミュージック9th NILE『Vile Nilotic Rites』

Overseas Release
NILE『Vile Nilotic Rites』2019年11月1日リリース。Nuclear Blast Records。
米サウスカロライナ州のグリーンビルに拠点を置くテクニカル・デスメタル・バンド、NILEの通算9枚目となるフルレングス・スタジオ・アルバム『Vile Nilotic Rites』が2019年11月1日にリリース。発売はNuclear Blast Records。

アルバムのリリースは2015年8月の『What Should Not Be Unearthed』以来。

録音はドラムのみギリシャのアテネにあるEsoteron Music Studios、他のパートはGreenvilleのSerpent Headed Studios。プロデュースとレコーディングはKarl Sanders、エンジニアリングはJim TourasとGeorge Dovolosが担当。ミキシングとマスタリング、MRL StudiosのMark Lewis。

カバーアートワークはMichal“ Xaay” Loranc。
NILE / Vile Nilotic Rites

NILE / Vile Nilotic Rites

◆収録曲
01. Long Shadows Of Dread
02. The Oxford Handbook Of Savage Genocidal Warfare
03. Vile Nilotic Rites
04. Seven Horns Of War
05. That Which Is Forbidden
06. Snake Pit Mating Frenzy
07. Revel In Their Suffering
08. Thus Sayeth The Parasites Of The Mind
09. Where Is The Wrathful Skies
10. The Imperishable Stars Are Sickened
11. We Are Cursed
 (16732)

◆メンバー
Karl Sanders (vocals and guitar)
Brian Kingsland (guitar and vocals)
Brad Parris (bass and vocals)
George Kollias (drums)

NILE - "Long Shadows of Dread" (OFFICIAL LYRIC VIDEO)