NWOBHM期から続く英国のヘヴィメタル・バンド2nd WEAPON UK『Ghosts Of War』

Overseas Release
WEAPON UK『Ghosts Of War』2019年9月27日リリース。Pure Steel Records。
英ロンドンに拠点を置くヘヴィ・メタル・バンド、WEAPON UKの通算2枚目となるフルレングス・スタジオ・アルバム『Ghosts Of War』を2019年9月27日にリリースする。発売はPure Steel Records。

アルバムのリリースは2014年4月の『Rising From The Ashes』以来。

タイトル曲は元THUNDERMOTHERのシンガー、Clare Cunninghamがゲスト参加。カバーアートワークは、Augusto Peixoto(Iron Doom Design)が担当している。

WEAPON UKは1978年頃にFast Reliefとして結成され、1980年にWEAPONに改名、1982年に解散したNWOBHM期に活動していたバンド。1983年に再結成、2012年に同名のカナダのバンドが存在したため、WEAPON UKに改名した。
 (15912)

◆収録曲
01. Ghosts Of War (feat. Clare Cunningham)
02. Queen Of The Ride
03. Redman
04. Sea Of Hope
05. Emerald God
06. Tourniquet
07. All I Need
08. Hell On Earth
09. ‘79 Revisited
10. Set The Stage Alight (2017) (vinyl LP bonus track)
11. G.O.W. Reprise (bonus track)
 (15913)

◆メンバー
Danny Hynes (lead vocals)
Jeff Summers (guitar and backing vocals)
Tony Forsythe (bass and backing vocals)
Darren Lee (drums)

WEAPON UK - Ghosts Of War. Guest vocalist Clare Cunningham (c) Summers/Hynes/Forsythe/Lee - YouTube