カルガリー産ヘヴィ・メタル6th KOBRA AND THE LOTUS『Evolution』

Overseas Release
KOBRA AND THE LOTUS『Evolution』2019年9月20日リリース。
カナダのカルガリーを拠点とするヘヴィ・メタル・バンド、KOBRA AND THE LOTUSの通算6枚目となるフルレングス・スタジオ・アルバム『Evolution』が2019年9月20日にリリースされる。発売はNapalm Records。日本盤はワードレコーズ。
以下、プレスリリースより。

カリスマ・フロントウーマンのコブラ・ペイジを擁し、ジーン・シモンズに見出されてワールド・デビューを果たしたコブラ・アンド・ザ・ロータスの最新作『エヴォリューション』には、日本のファンのためにだけに特別にレコーディングされた全編日本語曲「トーキョー」を日本独占収録している。

スラッシュ、アルター・ブリッジ、トリヴィアムなどの作品を手がけてきたマイケル“エルヴィス”バスケットをプロデューサーに起用、結成10年迎えた記念すべき通算6作目となる本作は、アルバム・タイトルに相応しく、飛躍的なバンドの進化を感じさせる力作だ。攻撃的なリフとキャッチーなメロディ、エレクトロニックなサウンドとヘヴィネスがせめぎ合う、圧巻のアリーナ・アンセムをずらりと揃え、多彩な魅力をさらに進化させたアルバムとなっている。紅一点のコブラ・ペイジの魅力も冴えわたっており、かつて流暢な日本語の発音でファンを驚かせたが、本作収録の日本語オリジナル曲「トーキョー」でさらなる驚きに包まれるだろう。

カナダのカルガリーで2009年に結成、KISSのジーン・シモンズに見出されてワールド・デビューを果たしたコブラ・アンド・ザ・ロータスは、現代ハード&ヘヴィ界で最も刺激的なバンドのひとつとして絶大な支持を得てきた。コブラ・ペイジの表現力豊かなヴォーカルを武器に、KISSやジューダス・プリースト、デフ・レパードのオープニング・アクトとして世界をツアー、ヴァッケン・オープン・エアやダウンロード・フェスティバルといった名だたるメタル・フェスに参戦。『プリヴェイルII』(2018)は米グラミー賞に相当するカナダのジュノー賞“メタル/ハード・ミュージック・アルバム”部門にノミネートされるなど、高く評価されている。
コブラ・アンド・ザ・ロータス / エヴォリューション

コブラ・アンド・ザ・ロータス / エヴォリューション

2019年9月20日 世界同時発売予定
レーベル:ワードレコーズ
品番:GQCS-90756 // ¥2,500+税
※日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入


◆収録曲
01. エヴォデム
02. エヴォリューション
03. バーン!
04. ウィ・カム・アンダン
05. ウーンズ
06. サンダースミス
07. サーカス
08. ウォッシュ・アウェイ
09. ライアー
10. ゲット・ザ・ファック・アウト・オブ・ヒア
11. イン・ジ・エンド
《日本盤限定ボーナストラック》
12. トーキョー

KOBRA AND THE LOTUS - Burn! (Official Video) | Napalm Records

 (15476)

◆メンバー
コブラ・ペイジ(ヴォーカル)
ジェシオ・クラオウスキー(ギター)
ロニー・グティエレス(ギター)
ブラッド・ケネディ(ベース)
マーカス・リー(ドラムス)

写真:Dan Sturgess