イタリア産シンフォニック・メタル新人デビュー作 MOONLIGHT HAZE『De rerum natura』

Overseas Release
イタリアからシンフォニック・メタル界に新たなる刺客「ムーンライト・ヘイズ」のデビュー・アルバム。MOONLIGHT HAZE『De rerum natura』2019年6月19日リリース。
ヴォーカルのキアラ・トリカリコとドラムのジュリオ・カポネは「テンペランス」の元メンバーであり、この二人が中心となり2018年にバンドを結成。また、アレッサンドロ・ジャコビ(エルヴェンキング)等がメンバーに加わり、デビュー・アルバムながら驚異的なクオリティーを発揮。シンフォニック/メロディック・メタル・フリークには必聴盤として強くお勧めするアルバム。

元テンペランスのメンバーを中心として結成されているため、テンペランスと音楽性を比較してみるならば、音遣いや世界観が重なる部分もあるが、このバンドはより洗練されメロディや曲構成に磨きが掛かり、なによりキアラのヴォーカルが以前に比べ驚異的に進歩しているのが目を見張る。

エインシェント・バーズ、ディレイン、エピカ、ビヨンド・ザ・ブラック等の女性ヴォーカル・バンドを好むリスナーには是非手に取って頂きたい一枚。
MOONLIGHT HAZE / De rerum n...

MOONLIGHT HAZE / De rerum natura

2019年6月19日発売
レーベル:マーキー・アヴァロン
品番:MICP11487

◆収録曲
01. To the Moon and Back
02. Ad Astra
03. Odi et Amo
04. The Butterfly Effect
05. Time
06. My Dark Corner
07. A Restless Mind
08. Deceiver
09. A Shelter from the Storm
10. Goddess
11. Not the End (Bonus Track)