ブラジルにて2016年結成のデス/ブラック・メタル・バンドSUTURAが2nd「DAWN OF CURSED SOULS」を4月24日にリリース

Overseas Release
ブラジルにて2016年結成のデス/ブラック・メタル・バンドSUTURAが2ndアルバム「DAWN OF CURSED SOULS」を4月24日にリリースする

ブラジル南東部の大都市リオデジャネイロにて2016年に結成後、 トリオ編成から4人組に再編された デス/ブラック・メタル・バンドSUTURAが2ndアルバム「DAWN OF CURSED SOULS」を4月24日にリリースする。

SUTURA (BR) - Sacramental Bleed

SUTURA「DAWN OF CURSED SOULS」

SUTURA「DAWN OF CURSED SOULS」

発売日:2021年4月24日
レーベル:Awakening Records
品番:AWA 035 CD

<収録曲>
①Dawn Of Cursed Souls
②Sacramental Bleed
③Under The Black Mark
④Death's Fathom
⑤Haunted By Old Ghost
⑥Where Shadows Of Death May Lie
⑦Chaos And Demise
⑧Suffering Cage
⑨Worms In Disguise
 (30541)

<メンバー>
・ルシアーノ・ガルヴァオ<vo,g>
・ナタン・アゼヴェード<g>
・エリック・アモリム<b>
・ウィリアム”デルタX”トレド<ds>

<バイオグラフィー>
SATURAは、ブラジル南東部の大都市リオデジャネイロで活動する4人組デス/ブラック・メ タル・バンド。2016年の結成後、「Desfecho」と題した楽曲をネット上に公開し、同楽曲を含 んだ6曲入りのデビューEP『MORTE ALHEIA』(2017年)をトリオ編成でリリース。その後、ナタ ン・アゼヴェード<g>とエリック・アモリム<b>が加わった現行の4人組となり、初のフル・アル バム『CLASTA』を2019年2月に自主リリースする。本作はフルレンスとしては、それから約2 年ぶりに放つ2ndアルバムで、バンドは南米と北欧のエクストリーム・メタルの双方から影響 を受けたと述べている。