ブエノスアイレス発ハードロック JAKKS『Scream』

Overseas Release
2006年にアルゼンチンはブエノスアイレスで結成されたハード・ロック・バンド・JAKKSの19年アルバム!
地元アルゼンチンで、ヴィンス・ニール(MOTLEY CRUE)やトレイシー・ガンズ(L.A. GUNS)、マイケル・モンロー(HANO ROCKS)等との共演も果たす正統派ハード・ロック・バンドによる、80年代テイストが漂う極上のメロディック・ロック・アルバム!!

キャッチーなメロディと哀愁漂うフレーズが80年代へと聴く者を誘う。BON JOVI、DANGER DANGER、TRIXTERなどのハードでポップなロックが好きなファン、アリーナ・ロック、ヘア・メタル、グラム・ハード・ロックン・ロール、北欧スリージー、L.A. メタル等が好きなファンにも、是非、聴いてもらいたいサウンド!
JAKKS
2006年に結成、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを拠点とするハード・ロック・バンド。2008年、EP『Fuego En Tu Piel』をセルフ・リリース。その後2011年にイギリスの老舗ロック・レーベル、Z Recordsから、同作のイングリッシュ・ヴァージョンをリリース。これを機に更に母国での知名度を上げた彼らは、地元アルゼンチンで、ヴィンス・ニール(MOTLEY CRUE)やトレイシー・ガンズ(L.A. GUNS)と共演、いくつかのTV番組にも出演。2012年には、マイケル・モンロー(HANO ROCKS)との共演も果たし、セカンド・アルバム『Gritos En La Noche』をオンライン・フォーマットでリリース。このアルバムは2013年にCD-Rフォーマットで日本限定リリースもされ、母国でも特別版がリリースされた。2014年には「Nunca mas」のビデオ・クリップを公開。また同年、地元ブエノスアイレスの英雄であり、アルゼンチンのトップ・メタル・バンドである、RATA BLANCAのカヴァー『Asesinos』を発表。そして2015年、『Gritos En La Noche』のイングリッシュ・ヴァージョン『Scream』をレコーディング。2016年、結成10周年を迎え、ブエノスアイレスでのショーを行った後、ベーシストのLeonardo Adaminiがバンドから脱退、Marcello Berwartを迎え、The Whisky A Go Go等でライヴを行っている。
JAKKS / Scream

JAKKS / Scream

2019年06月26日発売
レーベル:スピリチュアル・ビースト
品番:IUCP-16306

◆収録曲
01. Screamin' In The Midnight
02. Never More
03. Against The Wall
04. Slaves
05. Images And Words
06. Anger
07. Give Me A Reason
08. In The Darkness
09. City Of Brokenhearts (Paranoid)
10. Only Your Love
11. The Law *日本盤ボーナス・トラック
12. In My Heart *日本盤ボーナス・トラック