USプログレッシヴ・デス・メタル・バンド REQUIEM FOR OBLIVIONが通算5作目となるEP 「HINDSIGHT2020」をリリース

Overseas Release
USプログレッシヴ・デス・メタル・バンド REQUIEM FOR OBLIVIONが通算5作目となるEP 「HINDSIGHT2020」を自主制作でリリースした

米ペンシルベニア州北部の都市エリーにて2007年より活動する プログレッシヴ・デス・メタル・バンド REQUIEM FOR OBLIVIONの通算5作目となるEP 「HINDSIGHT2020」を自主制作でリリースした。

Esoterica (#newmusic #teaser) by Requiem For Oblivion

REQUIEM FOR OBLIVION「HINDSI...

REQUIEM FOR OBLIVION「HINDSIGHT2020」

発売中
レーベル:自主制作

<収録曲>
①Lies And Fire
②Collapse The Structure
③Shatterpoint
④Conspiracy Bro
⑤Esoterica

<メンバー>
・スティーヴ・ジェイコブソン<vo,g,b>
・マイク・スキューテラ<ds>

<バイオグラフィー>
REQUIEM FOR OBLIVIONは、米ペンシルベニア州北部の都市エリーにて2007年に始 動したプログレッシヴ・デス・メタル・バンド。唯一のオリジナル・メンバーであるスティーヴ・ ジェイコブソン<g>を中心に2007年に結成。その後は4人ないし5人組のバンド形態で 2010年の自主制作デモ『FUNERAL FOR FUTILITY』を皮切りに、EP2枚とフル・アルバ ム2枚をリリースしてきた。本作は、2017年6月の2ndアルバム『BURNING NATION』以 来、約4年ぶりとなる通算5作目のEPだが、バンド創設者のスティーヴがドラム以外の全 パート兼務する形態に様変わりしている。バンドはその一方で、新型コロナウイルスの感 染拡大に伴う行動規制中に、10曲以上のマテリアルを書き溜めている。それらの楽曲 群は次回作の最新3rdアルバム『AMIDST CHAOTIC EARTH』に収録され、2021年中に リリースされる予定である。