「SUMMERSONIC 2015」や「LOUD PARK」に出演経験のある台湾の新世代デスコア・バンド 血肉果汁機 (FLESH JUICER)が3rd「GOLDEN TAIZI BRO」をリリース

Overseas Release
「SUMMERSONIC 2015」や「LOUD PARK」に出演経験のある台湾の新世代デスコア・バンド 血肉果汁機 (FLESH JUICER)が3rdアルバム「GOLDEN TAIZI BRO」をFeeling Good Musicよりリリースした。

2015年8月に日本盤デビューを飾り、「SUMMERSONIC 2015」に出演、 2016年には「LOUD PARK」初日のオープニング・アクトを務める等、 複数回の来日経験がある台湾の新世代デスコア・バンド 血肉果汁機 (FLESH JUICER)が3rdアルバム「GOLDEN TAIZI BRO」をFeeling Good Musicよりリリースした。

Flesh Juicer 血肉果汁機『GOLDEN太子BRO』01 - GOLDEN TAIZI BRO(Official Music Video)

 血肉果汁機 (FLESH JUICER)「GOLDE...

血肉果汁機 (FLESH JUICER)「GOLDEN TAIZI BRO」

発売中
レーベル:Feeling Good Music
品番:FJ2101

<収録曲>
①Welcome To Taichung City
②Golden Taizi Bro
③Taichung Port F1
④Mount. Jade
⑤Love U 99
⑥Flesh Talk Show
⑦I’m A Fucking Mad Dog, Dope!
⑧Daddy Daddy
⑨Birth Of The Greats
⑩Tiger Lord
⑪Sincere Gratitude
⑫Brutal Taichung 2021

※⑫は、2011年の2nd EP『BRUTAL TAICHUNG』表題曲の再録ヴァージョン
※実際の曲名表記は台湾華語(台湾人が話す中国語)ですが、ここでは英題で記しました。

 (30058)

<メンバー>
・Gigo<vo>
・Zero<g>
・Matt<g>
・SionC<b>
・Evan<ds>

<バイオグラフィー>
血肉果汁機 (FLESH JUICER)は、台湾第2の都市である台中で活動する5人組デスコア・ バンド。唯一のオリジナル・メンバーであるGigo<vo>を中心に2006年に結成。2009年に Zero<g>が合流すると、同年にデビューEP『A MORBID STATE』を自主リリース。その後はメ ンバー交代を重ねつつ、2011年4月に2nd EP『BRUTAL TAICHUNG』を発表。台湾の伝統 音楽と母語を用い、台中の街の歴史、文化、ギャング、観光産業等を赤裸々に語る内容で 好リアクションを獲得すると、母国のカリスマ的存在である閃靈(CHTHONIC) 、アメリカの MISS MAY I等とも共演し、2013年には閃靈(CHTHONIC) のオープニング・アクトとしてドイ ツ公演に帯同する。2015年8月、初のフル・アルバム『GIGO』がZESTONE RECORDSにて日 本配給されると、恵比寿LIQUIDROOMで行われた「TAIWANDERFUL」と、「SUMMERSONIC 2015」に出演するため初来日。2016年10月には「LOUD PARK」初日のオープニング・アク トとして2度目の来日を果たした。2017年5月には、日本のHEAD PHONES PRESIDENTとの カップリング形式で東名阪をツアーしたこともある。本作は、2018年の2ndアルバム 『FAIRY TALES OF THE OCEAN DEEP』以来、3年ぶりに放った3rdアルバムで、Matt<g>、 SionC<b>、Evan<ds> という新メンバー3人を迎えた編成でリリースされた。