インド出身のテクニカル・デス・メタル・バンドDEAD EXALTATIONがデビュー作「DESPONDENT」を2月5日にリリース

Overseas Release
インド出身のテクニカル・デス・メタル・バンドDEAD EXALTATIONがデビュー作「DESPONDENT」を自主制作で2月5日にリリースする

インド西部ではムンバイに次ぐ大都市であるプネー出身の テクニカル・デス・メタル・バンドDEAD EXALTATIONが 今は亡き創設メンバーに捧げるデビュー・アルバム 「DESPONDENT」を自主制作で2月5日にリリースする。

Dead Exaltation - Omnia Mors Aequat (Official Lyric Video and Visualizer) | Despondent

DEAD EXALTATION「DESPONDENT」

DEAD EXALTATION「DESPONDENT」

発売日:2021年2月5日
レーベル:自主制作

<収録曲>
①Gloom
②Involuntary Emasculation
③Coerced Sewer Ingest
④The Conversation
⑤The Psychology
⑥The Transformation
⑦Omnia Mors Aequat
⑧In Pursuit Of
⑨Despondent
 (29931)

<メンバー>
・サタジット・ガルゴリ<vo>
・ムラドゥル・シンガル<g,b>
・アディティア・オケ<ds>
※註:ムラドゥル・シンガル<g,b>は2020年3月に死去しました。

<バイオグラフィー>
DEAD EXALTATIONは、インド西部ではムンバイに次ぐ大都市であるプネーで2015年に 結成されたテクニカル・デス・メタル・バンド。バンドは主たる影響源として、 CRYPTOPS、 CATTLE DECAPITATION、GOROD、SPAWN OF POSSESSION、CYNICといった欧米の先人 達を挙げている。 元々はツイン・ギターの5人組バンドで、デリーやムンバイ、ベンガルールな どの大都市でギグを重ねていたが、スーリヤ・ムカジー<g>とアニシュ・プローズ<b>の2人が 方向性の違いにより脱退。そこで創設者の1人であるムラドゥル・シンガルがベースも兼務す る形態で、バンドは活動を続行。デビュー・アルバムとなる本作の制作に着手したが、2020 年3月にムラドゥルが交通事故で急死する。しかしバンドが、ムラドゥルと歩んだ軌跡を世に 残すべく、彼の死後に各収録曲のミックスとマスタリングを施すと、同郷のブルータル・デス・ メタル・バンドGUTSLITのアーロン・ピント<ds>がアートワークをまとめ上げ、本作がリリースさ れるに至った。