オーストリア出身の4人組ヘヴィ・メタルGARAGEDAYSが4th「SOMETHING BLACK」をリリース

Overseas Release
オーストリア出身の4人組ヘヴィ・メタルGARAGEDAYSが4thアルバム「SOMETHING BLACK」をEl Puerto Recordsからリリースした

ガラス工芸で有名なオーストリア北西部の街ラッテンベルクにて 2005年に結成された4人組ヘヴィ・メタル・バンド GARAGEDAYSが4thアルバム「SOMETHING BLACK」をEl Puerto Recordsからリリースした。

アンディ・ラロッカ(KING DIAMOND)が共同プロデューサーになっている。

GARAGEDAYS - Something Black (2020) // official Clip // El-Puerto-Records

GARAGEDAYS「SOMETHING BLACK」

GARAGEDAYS「SOMETHING BLACK」

発売中
レーベル:El Puerto Records
品番:EPR029-2

<収録曲>
01.Back In Line
02.Something Black
03.And Again
04.I Be There (For You)
05.Out Of Control
06.My Own Way
07.The Calling
08.To My Soul
09.New Home
10.Walking Dead

produced by ANDY LA ROCQUE AND GARAGEDAY
 (29660)

<メンバー>
・マルコ・カーン<vo,g>
・レネ・アウラー<g>
・ドミニク・エーダー<b>
・マティアス・マイ<ds>

<バイオグラフィー>
GARAGEDAYは、ドイツとの国境に近いオーストリア北西部の街ラッテンベルクで活動する4人組 ヘヴィ・メタル・バンド。マルコ・カーン<vo,g>とドミニク・エーダー<b>を中心に2005年に結成され、 1stデモ音源『WILD AND DANGEROUS』(2007年)を自主リリース。翌年の2ndデモ音源『LEATHER & SPIKES』からレネ・アウラー<g>、マティアス・マイ<ds>の2人が加入し、不動のラインナップが形 成される。その後リリースした複数のデモ音源のうち、KING DIAMONDのアンディ・ラロッカ<g>をミキ シング&マスタリング・エンジニアに迎えた『DARK AND COLD』(2011年)が、ドイツの「Massacre Records」によって公式音源として再リリースされる。これがバンドにとってのアルバム・デビュー作と なり、バンドはポール・スペックマン<vo,b>率いるMASTERの欧州ツアーをサポートした。その後も精 力的なギグを行なうと、再びアンディ・ラロッカと組んだ2ndアルバム『PASSION OF DIRT』を2014年 4月に発表。2018年9月の3rdアルバム『HERE IT COMES』では、アンディ・ラロッカがマスタリング・ エンジニアとして続投した一方、METALLICAの初期アルバム群をプロデュースしたフレミング・ラスム ッセンを共同プロデューサーに起用した。本作はそれ以来、約2年ぶりに放った4thアルバムで、アン ディ・ラロッカが共同プロデューサーとしても全面協力した1枚でもある。