イタリアのヴェテラン・スラッシュ・メタルIRREVERENCEがシングル「SCAPEGOAT」をデジタル配信でリリース

Overseas Release
イタリアのヴェテラン・スラッシュ・メタルIRREVERENCEがEP「SCAPEGOAT」をSTF-Recordsよりデジタル配信でリリースした
イタリア北西部の大都市ミラノにて四半世紀のキャリアを有する スラッシュ・メタルのヴェテラン4人組バンドIRREVERENCEが 新メンバー2人を迎え、既発曲のリメイク・ヴァージョンと 新規書き下ろし曲を収めたEP「SCAPEGOAT」をSTF-Recordsよりデジタル配信でリリースした

IRREVERENCE - Scapegoat (Official Lyric Video)

IRREVERENCE「SCAPEGOAT」

IRREVERENCE「SCAPEGOAT」

配信中
レーベル:STF-Records

<収録曲>
01.Sacepgoat
02.3093 (2020 edition)
03.Darkening Their Light (2020 edition)
04.War Was Won (2020 edition)

produced by RAFFAELE TURCO AND CARLO MERONI

※①は新規書き下ろし曲 ※②③④既発曲のリメイク・ヴァ-ジョン

 (29584)

<メンバー>
・リカルド・パイオーロ<vo,g>
・マルコ・コロンボ<g>
・ジャンルカ・デッラ・リーヴァ<b>
・ダヴィデ・フィリーヌ<ds>

<バイオグラフィー>
IRREVERENCEは、イタリア北西部の大都市ミラノで活動する4人組スラッシュ・メタル・バ ンド。リカルド・パイオーロ<vo,g>とダヴィデ・フィリーヌ<ds>を中心に1995年に結成後、 2001年の1stアルバム『TOTALLY NEGATIVE THOUGHTS』を皮切りにメンバー交代を重 ねながらフル・アルバム5枚、ライヴ盤1枚等リリースを済み。このうち、2010年の3rdアル バム『UPON THESE ASHES』ではSODOMを率いるトム・エンジェルリッパー<vo,b>をゲスト に迎えた作品だった。また、2007年には ドイツのTANKARDの結成25周年リレコーディン グ・ベスト盤『 BEST CASE SCENARIO:25 YEARS IN BEER』のボーナス・ディスクにゲスト 参加し、「Beermuda」のカヴァーを提供したことがある。今作は、マルコ・コロンボ<g>、ジャ ンルカ・デッラ・リーヴァ<b>という新メンバー2人を迎え、2018年の5thアルバム『STILL BURN』(2018年)以来、約2年ぶりに放つEPである。