元MEGADETHのクリス・ポーランド参加、メアリー・マギル率いるメタル・バンド1st VINDICATA『Beneath The Surface』

Overseas Release
2003年エヴァネッセンスと同時期にデビューしアメリカで人気を二分した、女性パワフル・シンガー、メアリー・マギル率いるメタル・バンド、ハーフ・ザ・ワールドが、心機一転、ヴィンディカタと改名しリリースするデビュー作
2003年エヴァネッセンスと同時期にデビューしアメリカで人気を二分した、女性パワフル・シンガー、メアリー・マギル率いるメタル・バンド、ハーフ・ザ・ワールドが、心機一転、ヴィンディカタと改名しリリースするデビュー作!絶対的存在感を誇るマギルの伸びやかなヴォーカルと、ジム・マクロスティとブレット・ペダーセンのツインギターは唯一無比。さらに、ゲストとしてほぼ全曲で強烈なリードギターを披露するのは、元メガデスのギタリスト、クリス・ポーランドだ!捨て曲無しの13のオリジナルは、病みつき間違いなし。

◆Vindicata (ヴィンディカタ)
ヴィンディカタは、アイダホ州ボイジーのヘヴィ・メタル、ハードロック・バンド。メンバーは、オランダ出身の女性ヴォーカリスト、メアリー・マギル、ツインギターのジム・マクロスティとブレット・ペダーセン、そしてベースのマット・ハンセン、ドラムのピート・ウィーヴァー。2002年にメアリーを中心にハーフ・ザ・ワールドを結成。2003年ファースト・アルバム『Bigger Than You』をリリース。これは、アメリカでエヴァネッセンスが広まった4ヵ月前のことで、女性ヴォーカルのハードロック・バンドということで比べられる事が多かった。アルバムは、アメリカとカナダの112以上のラジオ局でオンエアーされ、たちまち注目を集める。オースティンのSXSWのようなフェスへの出演、またセヴンダストのオープニングアクト等を務め人気を獲得してゆく。2008年にはセカンド『The Death Defying Years』をリリース。2016年7月に、方向性の転換を機に、ギタリストをショーン・トンプソンからジムに交代し、バンド名もVINDICATAに改名。そして、2018年にグルーヴヤードから、初のアルバムをリリース。
ヴィンディカタ / ビニース・ザ・サーフィス

ヴィンディカタ / ビニース・ザ・サーフィス

2019年6月21日発売
レーベル:BSMF
品番:BSMF-8029

◆収録曲
01. Supermegalithic
02. Death Defying Years
03. Carry My Dreams Away
04. Heavy Crowns
05. Would You
06. Leap Off The Earth
07. Fragile
08. Edge Of Sleep
09. Leap Of Faith
10. Evermore
11. Wasting Away
12. Let The World Right In
13. Time

Vindicata - "Beneath The Surface" Promo Video (Supermegalithic) (with Chris Poland)