フィンランドのフューネラル・ドゥームProfetusが3rd「The Sadness of Time Passing」の国内盤を8月5日にリリース!

Overseas Release
フィンランドのフューネラル・ドゥーム・バンドProfetusが3rdアルバム「The Sadness of Time Passing」の国内盤をデジパック仕様でWeird Truth Productions より8月5日にリリースする。

フィンランドのフューネラル・ドゥーム・バンドProfetusが3rdアルバム「The Sadness of Time Passing」の国内盤をデジパック仕様でWeird Truth Productions より8月5日にリリースする。

2006年に結成された、フィンランドのフューネラルドゥームバンド。2019年リリース3rdフルレンスアルバムが日本盤デジパックCDでリリース。

過ぎ去りし悠久の時を想う時、黄金の光を放つ露灯と共に、闇と光、死と生の狭間を超えて我らは進みゆく....。無常なる世界で、もがき苦しみながら生き抜いている死すべき定めのもの達...。その悲哀を描き出した、バンドとして3作目のアルバムとなる今作「The Sadness of Time Passing - もののあはれ」。ギターとキーボードが織りなす重厚なる和音の洪水、悲しみに満ちた物語を紡ぎ出す声、そして時を刻む太鼓。

運命の終焉へと思いを馳せる、荘厳なる音絵巻!

The Sadness Of Time Passing

PROFETUS @ Kill-Town Deathfest VII "The Decompomorphosis" (Copenhagen)

Profetus「The Sadness of Tim...

Profetus「The Sadness of Time Passing」

発売日:2020年8月5日
レーベル:Weird Truth Productions
品番:WT065

<収録曲>
01. The Sadness of Time Passing
02. Nostalgia
03. Momentary Burial
04. Northern Crown
05. Tiarania
 (27132)

<バイオグラフィー>
2006年に結成されたフィンランド出身のフューネラルドゥームバンド。Thergothon/Skepticism等、ジャンルの始祖とも言える同郷のバンド達の築き上げた伝統を現代に受け継いでいるバンド。極限まで速度を落としたリズムに、物悲しいメロディーと重厚なリフのコンビネーション。先にあげた2バンド同様ベースレスでありながら、荘厳なキーボードサウンドによる重厚な音像。葬式の物悲しさや荘厳さを音で表現した、まさにこれぞフューネラルドゥームとも言える音を生み出している。

<ディスコグラフィー>
・Saturnine Demo(2007/Self release)
・Coronation of the Black Sun Full-length(2009/Rusty Crowbar Records)
・...to Open the Passages in Dusk Full-length(2012/Weird Truth Productions/Rusty Crowbar Records)
・As All Seasons Die EP(2014/Weird Truth Productions/Svart Records)
・Coronation of the Black Sun/Saturnine compilation(2018/Weird Truth Productions/Throne Records)
・The Sadness of Time Passing Full-length(2019/Avantgarde Music/2020/Weird Truth Productions)

<フェス等出演履歴>
・2015年 Roadburn Festival(オランダ)
・2016年 スカンジナビアツアー with Bellwitch
・2017年 Finnish Death Metal Maniacs(フィンランド)
・2019年 Kill-Town Deathfest(デンマーク)