英国産シンフォニック・メタル・バンドDAMNATION ANGELSが3rd「FIBER OF OUR BEING」を7月31日にリリース!

Overseas Release
英国産シンフォニック・メタル・バンドDAMNATION ANGELSが3rdアルバム「FIBER OF OUR BEING」を7月31日に自主制作でリリースする。

WHITE EMPRESSのキーボード奏者として2015年5月に 来日公演を行なったウィル・グラニーを中心に結成、 1stアルバム『BRINGER OF LIGHT』(2012年)が日本先行リリースされた 英国産シンフォニック・メタル・バンドDAMNATION ANGELSが新メンバー2人を迎えて放つ3rdアルバム 「FIBER OF OUR BEING」を7月31日に自主制作でリリースする。
共同プロデュースにCRADLE OF FILTH、GAMA BOMB、SAVAGE MESSIAH等を手掛けたスコット・アトキンスを迎えている。

DAMNATION ANGELS - Fiber Of Our Being

DAMNATION ANGELS「FIBER OF O...

DAMNATION ANGELS「FIBER OF OUR BEING」

発売日:2020年7月31日
レーベル:自主制作

<収録曲>
01.More Than Human
02.Railrunner
03.Fiber Of Our Being
04.Our Last Light
05.Rewrite The Future
06.Fractured Amygdala
07.Greed And Extinction
08.Remnants Of A Dying Star
09.A Sum Of Our Parts

produced by SCOTT ATKINS AND WILLIAM GRANEY
 (27098)

<メンバー>
・イグナシオ・ロドリゲス<vo,g>
・ウィル・グラニー<g>
・ニック・サウスウッド<b>
・ジョン・グラニ ー<ds>

<バイオグラフィー>
DAMNATION ANGELSは、イギリス中部の都市ドンカスターで活動するシンフォニック・メタル・バンド。バン ド創設者のウィル・グラニー<g>はWHITE EMPRESSのキーボード奏者として2015年5月に渋谷CLUB QUATTROで行なわれた「ROCK OF CHAOS」で来日経験があり、CRADLE OF FILTHの10thアルバム『THE MANTICORE AND OTHER HORRORS』(2012年)の外部アレンジャーを務めた人物である。また、現シンガ ーの”イギー・ロッド”ことイグナシオ・ロドリゲスはアルゼンチンの首都ブエノスアイレス出身で、現在も同国の メロディック・スピード・メタル・バンドAZEROTH でシンガー兼ギタリストとして在籍している。 ウィルとジョン<ds>のグラニー兄弟を中心に2006年に始動し、2009年9月にデビューEP『SHADOW SGHYMPHONY』を自主リリース。ノルウェー人シンガーで、YouTuberとしても知られるPelleK(ペイルケイ) を 迎えた1stアルバム『BRINGER OF LIGHT』は2012年3月にRadtone Musicにて日本先行発売され、バンド は翌年に入ると米ジョージア州アトランタで開催された大規模フェス「PROGPOWER USA 2013」に出演した 他、スウェーデンのANDROMEDAと共にデンマーク、フランス、オランダなど欧州~北欧8ヵ国をツアーした。 2ndアルバム『THE VALIANT FIRE』(2015年)リリース後も、THRESHOLDのサポート・アクトとしてオランダ、 ドイツ、チェコなど5ヵ国を廻っている。今作はそれ以来およそ5年ぶりに放つ3rdアルバムで、イグナシオとニ ック・サウスウッド<b>を擁する現行ラインナップでの第1弾作品でもある。