フィンランド出身の技巧派ギタリスト、ヤーノ・ケスキネン率いるネオ・クラシカル/パワー・メタルKENZINERが復活第2弾となる4th「PHOENIX」を6月26日にリリース

Overseas Release
フィンランド出身の技巧派ギタリスト、ヤーノ・ケスキネン率いるネオ・クラシカル/パワー・メタルKENZINERが復活第2弾となる4thアルバム「PHOENIX」を6月26日にPure Steel Recordsからリリースする

フィンランド出身の技巧派ギタリスト、ヤーノ・ケスキネンを中心に 1994年に結成、1990年代末に日本盤がリリースされたことが あるネオ・クラシカル/パワー・メタル・バンド KENZINERが復活第2弾となる4thアルバム「PHOENIX」を6月26日にPure Steel Recordsからリリースする。

KENZINER - Phoenix Rising - official lyric Video (PURE STEEL RECORDS)

KENZINER「PHOENIX」

KENZINER「PHOENIX」

発売日:2020年6月26日
レーベル:Pure Steel Records
品番:PSRCD210

<収録曲>
01.Eye Of Horus
02.Listen To The Devil
03.Shadow Of The Moon
04.Tears Of Destiny
05.The Mirror
06.Osiris Rising
07.Curse Of The Pharaoh
08.To Hell And Back
09.Phoenix Rising
10.The Miracle
 (26840)

<メンバー>
・ピーター”ジニー”ザレスキー<vo>
・ヤーノ・ケスキネン<g>
・ユピ・イェルト<b>、
・アリエル・ペルチュク<key>
・マケ・リエヴォネン<ds>

<バイオグラフィー>
KENZINERは、フィンランド第二の都市タンペレ近郊出身のヤーノ・ケスキネン<g>が率い る5人組ネオ・クラシカル/パワー・メタル・バンド。そのキャリアは1994年まで遡ることが出 来、後にFIREWINDに在籍する米国人シンガー、ステファン・フレドリック<vo>を擁した1stア ルバム『TIMESCAPE』(1998年)はテイチクエンタテイメントによって日本でも配給され、続く 2ndアルバム『THE PROPHECIES』(1999年)もビクターエンタテインメントによる日本盤が発 売された。しかし前記の通り、ステファンのFIREWIND加入等が引き金となってバンドは一時 解散。中心人物のヤーノはその後、ヤーノ・セバスティアン・レイヴンの変名でVIRTUOCITYを 立ち上げ、 2002~2004年にかけてVIRTUOCITYとしてフル・アルバム2枚を発表。このうち 2002年の1stアルバム『 SECRET VISIONS』は、TAROTのヤンネ・トルサ<key>、 CHILDREN OF BODOMのヤスカ・ラーチカイネン<ds>等がメンバーとして名を連ね、同作はキングレコー ドによって日本でも配給された。 やがて2012年に入ると、ヤーノはKENZINERを再始動。同年リリースのベスト盤『THE ABSOLUTE BEST OF』等を経て、現STATUS MINORのマルック・クイッカ<vo>を迎え、 KENZINERとしては15年ぶりの3rdアルバム『THE LAST HORIZON』をリリースする。本作はそ れから5年を経てリリースされる4thアルバムだが、東欧のポーランド産バンドDRAGON’S EYEのシンガーだったピーター”ジニー”ザレスキー<vo>と、南米のアルゼンチン出身のアリエ ル・ペルチュク<key>が新たに迎えられている。