NIGHTWISHのフロール・ヤンセンがドキュメンタリー『Kinderen In Oorlog: 75 Jaar Later』の歌「De Beelden Blijven」を担当

Overseas Release
スウェーデンのNIGHTWISHのボーカリスト、フロール・ヤンセンの母国はオランダだ。そのオランダで戦争と子供をテーマにしたドキュメンタリー『Kinderen In Oorlog: 75 Jaar Later』が制作された。彼女はその作品で使用される「De Beelden Blijven」の歌を担当した。
戦争から75年が経過したオランダ。一見、平和な時間が流れているように思えるが、果たして人々の心も平穏無事なのだろうか。第二次世界大戦が子供たちに及ぼした影響をテーマとした3部構成のドキュメンタリー『Kinderen In Oorlog: 75 Jaar Later』

オランダのテレビ局SBS6War Child(紛争の影響を受けた子供を支援する組織)が協力し、Media Lunaが制作したもので、SBS6にて、5月17日、24日、31日と放送される。

NIGHTWISHのボーカリスト、フロール・ヤンセン(Floor Jansen)は、このドキュメンタリー作品で使用される「De Beelden Blijven」というオランダ語の曲をレコーディングした。後に英語版もリリース予定だという。

作曲を手掛けたのは、オランダの作曲家でプロデューサーでもあるHan Kooreneef

FLOOR JANSEN - De Beelden Blijven (A Song for War Child)