長い沈黙を破り、FALCONERが新譜『From A Dying Ember』を6月に発売!

Overseas Release
スウェーデンのフォーク・パワー・メタルFALCONER。彼らは曲作りに専念するためにライブも数年間控えていたが、ようやく6年ぶりとなる新作『From A Dying Ember』が6月26日にMetal Blade Recordsから発売される。民族楽器も導入して中世的な雰囲気も醸し出している。
スウェーデンのフォーク・パワー・メタル・バンドFALCONERが6年ぶりとなるアルバム『From A Dying Ember』を6月26日にMetal Blade Recordsからリリースする。

1stシングルとなったのは「Desert Dreams」

2015年にジョージア州アトランタの<ProgPower USA>に出演したのを最後にライブを控え、決して急ぐことなく、高品質の曲を生み出すことに集中。初めに制作していた素材の一部を破棄して書き直すことまでしている。

その中には「Rapture」という曲があり、これはギタリストのステファン・ヴァイナーホール(Stefan Weinerhall)が90年代に在籍していたMITHOTYN時代のバンド仲間で現在はKING OF ASGARDで活動をしているカール・ベックマン(Karl Beckmann)と一緒に作り直したものだという。

ステファン・ヴァイナーホール
「ついにキー付きフィドルとバグパイプを取り入れることができたよ。中世的でフォーキーな感じを加えたいとずっと望んでいたんだ。そしてこれまでで最も熱いバラードも書いたけれど、それはピアノ、キーボード、ストリングスだけの‘Rejoice The Adorned’という曲として完成した。総括すると、『From A Dying Ember』というアルバムは、通常のFALCONERのアルバムとは一線を画すものがいくつかあると言える。たくさんのことが起きていて、音楽にはこれまで以上に多くの要素が組み込まれているんだ!」

*キー付きフィドルとは、スウェーデンの民族楽器、ニッケルハルパのこと。

Falconer "Desert Dreams" (OFFICIAL)

FALCONER『From A Dying Ember』

FALCONER『From A Dying Ember』

収録曲
01.Kings And Queens
02.Desert Dreams
03.Redeem And Repent
04.Bland Sump Och Dy
05.Fool’s Crusade
06.Garnets And A Gilded Rose
07.In Regal Attire
08.Rejoice The Adorned
09.Testify
10.Thrust The Dagger Deep
11.Rapture
12.The Cauldron” (Digipak bonus)
13.Portals Of Light” (Acoustic version – digipak bonus)
14.Long Gone By” (Acoustic version – digipak bonus)