ベルギーを拠点に活動する多国籍正統派バンド、DEVIL‘S BARGAINがデビュー作「VISIONS」をリリース

Overseas Release
ベルギーを拠点に活動する多国籍正統派バンド、DEVIL‘S BARGAINがデビュー作「VISIONS」を自主制作でリリースした。

ベルギー北部のセント・ニクラスおよびハンメにて2013年に結成、 現在はベルギー、ブラジル、ペルーの3ヵ国混成メンバーで 活動する正統派HMバンド、DEVIL‘S BARGAINがデビュー作「VISIONS」を自主制作でリリースした。

No Return

DEVIL‘S BARGAIN「VISIONS」

DEVIL‘S BARGAIN「VISIONS」

発売中
レーベル:自主制作

<収録曲>
01.Sewer Rats
02.Endless Fight
03.No Return
04.Devil's Bargain
05.Sign Of The Times
06.Your Disposal
07.Symphony Of Silence
 (26501)

<メンバー>
・ダーク・ポッペ<b>
・ニコ・ローリーズ<ds>
・アーサー・メルキオール・パグリアリ-ニ<vo>
・ユルゲン・ファン・ポッペル<g>
・フアン・カルロス・ガルドス<g>

<バイオグラフィー>
DEVIL’S BARGAINは、ベルギー北部の都市セント・ニクラスおよびハンメで活動する5人 組ヘヴィ・メタル・バンド。ユルゲン・ファン・ポッペル<g>とダーク・ポッペ<b>を中心に2013 年に結成され、初代シンガーのデイヴィー・ブラッグマンとニコ・ローリーズ<ds>を擁する4人 組で2016年からライヴ・アクトとして本格始動。2018年1月、マヌ・ファン・ポエックなるギタ リストを加えた5人編成で、デビューEP『DEAL WITH DEVIL』を自主リリースするが、デイヴィー とマヌが脱退。そこでバンドは、 ブラジルのサンパウロ出身のアーサー・メルキオール・パグリ アリ-ニ<vo>と、ペルー第2の都市アレキパ出身のフアン・カルロス・ガルドス<g>を新たに 迎え入れ、初のフルアルバムである本作『VISIONS』をリリースするに至った。 ちなみにバンドは自身の影響源としてIRON MAIDEN、JUDAS PRIEST、HELLOWEEN、ICED EARTH、ACCEPT等を挙げており、2019年11月にはTHE THREE TREMORSのベルギー公 演をサポートしている。