EVANESCENCEが新譜『The Bitter Truth』から「Wasted On You」のMVを公開!

Overseas Release
EVANESCENCEが今年発売予定の新譜『The Bitter Truth』から1stシングルを公開した。数奇なことに前もって書いてあった歌詞が現状に当てはまったというこの「Wasted On You」は、新型コロナウイルス対策として自宅待機中の状況を伝えた映像と相まって興味深い仕上がりとなった。
EVANESCENCEは年内に発売を予定しているニュー・アルバム『The Bitter Truth』から「Wasted On You」のミュージック・ビデオを公開した。

「私は先に進むことができない。まるで時が止まったみたいな感覚」と歌われるが、経済が停滞し、隔絶した場所で過ごすことを余儀なくされた彼らのリアルな生活を捉えている。

しかし、それぞれが離れ離れでの状況におかれていても、メンバー同士の繋がりがまだあることを示すために、自宅待機中の彼らは、それぞれのiPhoneで撮影してひとつのビデオを制作したのだ。

ディレクターを務めたのは、AS I LAY DYINGSTONE SOURGREEN DAYなどを手掛けてきたP.R. ブラウン(P.R. Brown)

ボーカル:エイミー・リー(Amy Lee)
「スタジオが使えなくなるまでこの曲をレコーディングしていて、その後はファイル共有と電話を駆使して作業を終えました。ミックスの微調整やバックグラウンド・ボーカルの追加、ビデオ制作、アートワークなどの作業を家で行うことは、私にとって砂漠の中の水のようなものであり、暗い時期に差し込む一筋の光なのです。まだ私たちはアルバムの曲を書いている途中ですからやることはいっぱいあるのですが、今回は作っている曲を個別にリリースして、ファンも曲もこの瞬間をさらに強く生きることができるようにしたかったのです」

‘Wasted On You’は最初にリリースする予定の曲ではありませんでした。全世界が無期限にロックダウンされ、すべてが変わったことで、私たちが言いたいことの意味や感情もまた変化したのです。私たちが今経験していることを書いたものではなかったのですが、どういうわけかピタリと当てはまってしまいました」

「ビジネスという意味なら何かをリリースするには最悪の時期でしょう。しかし私たちは、人々が今まで以上に音楽を必要としていることを知っています。明日がどうなるのか誰にもわからない状況の中で待っていることはできません。これが私たちの本当の姿です。そして世界中に繋がりを求めているのです」

「この狂気の時期に起こったことの1つは、コントロールという幻想を私たち全員から取り去ったこと。結局のところ、私たちにはどうにもできないのですから。新しい音楽の大きなテーマは幻滅です。大人になって人生は厳しいものなのかもしれないと気づく。誰が助けてくれるわけでもなく、おとぎ話も夢物語。でも、立ち上がって言うのよ、私は真実から目を背けずに受け入れるんだって。立ち上がるの。死の灰、苦痛といったものから立ち上がって辛くとも前進していく。“The Bitter Truth”とは、あり得ないほど困難なもの。それでも私は現実を受け入れて生きることを選ぶわ」

Evanescence - Wasted On You (Official Music Video)

EVANESCENCE『The Bitter Truth』

EVANESCENCE『The Bitter Truth』