LAMB OF GODの新譜『Lamb Of God』発売が5月8日から6月19日へ延期に

Overseas Release
新型コロナウイルスの影響を受け、LAMB OF GODは、ニュー・アルバム『Lamb Of God』の発売を5月8日から6月19日へ延期することを発表した。
LAMB OF GODは、5月8日にリリースを予定していたニュー・アルバム『Lamb Of God』が6月19日へ延期されたことを発表した。

「残念なことだが、次のアルバムのリリース日が後ろに5週間ずれて6月19日に変更になった。現在、国際的に起こっている現実の出来事によって俺たちは特殊な時期におり、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策で必要とされるもの以外はすべて出荷が遅れている。レーベルと協議の結果、先行予約して代金を支払ったファンたちがアルバムを受け取れるようにするには、リリースを遅らせるしかなった。今しばらく待っていてほしい。通常、音楽業界の人々はアルバムのリリースを計画する際、世界規模のパンデミックを考慮することはない。ところが知っての通り、この問題はすべての人々に影響を与えることになってしまい、俺たちも例外ではなくなった。しかしながら、4月23日木曜日に新曲‘New Colossal Hate’をリリースし、6月にアルバムをリリースする前に4曲を公開する予定になっている。理解してくれると嬉しい。手を洗って、新曲についての感想を聞かせてくれ。それではツアーで会おう!」

『Lamb Of God』は、アメリカではEpic Records、ヨーロッパではNuclear Blast Records、日本盤はWard Recordsからリリース予定。詳細は各レコード会社をチェックのこと。