収益は国境なき医師団へ。EUROPEが「Walk The Earth」のアコースティック・バージョンを発表。

Overseas Release
EUROPEのジョーイ・テンペスト(ボーカル)とのミック・ミカエリ(キーボード)による「Walk The Earth」のアコースティック演奏が公開された。この試聴とシェアはによって得られた収益は、新型コロナウイルスと日々奮闘を続けている国境なき医師団へと寄付される。
EUROPEのボーカリスト、ジョーイ・テンペスト(Joey Tempest)とキーボーディストのミック・ミカエリ(Mic Michaeli)は、2017年にリリースした『Walk The Earth』からタイトル・トラック「Walk The Earth」のアコースティック・バージョンを発表した。

この曲の試聴とシェアによって得られた収益は、新型コロナウイルスと日々奮闘を続けている国境なき医師団(Médecins Sans Frontières)を支援するために寄付される。

「Walk The Earth」は、“人生は翻弄されてままならないものだけれども自分たちが望む人生のために胸を張って戦ってチャンピオンのように旅していこう”というもの。

ジョーイ・テンペスト
「世界70カ国以上の最前線で活躍している国境なき医師団を支援するのは当然とも言える選択だった。‘Walk The Earth’はこのような状況に適した内容の曲だと思う。このアコースティック・バージョンでは、オリジナルよりも厳粛な雰囲気で演奏しているけれども、この極めて困難な時代において、生存、精神、そして忍耐といった基本的な人としてのメッセージを伝えていると感じている」

「ストックホルムに住むミックに新しいバージョンのピアノをレコーディングしてくれないかと頼み、彼がメールで送ってきたものに俺がロンドンのホーム・スタジオで歌入れをしたんだよ。これって興味深いやり方だと思ったから、将来的には他のメンバーとも何かやってみるかもしれない」

「このビデオをできる限り多くの方に見てもらって、共有してくれることを願っている。この曲によって集められた募金はすべて国境なき医師団へ寄付する。もちろん直接寄付することもできるから彼らのホームページに訪問してみてほしい」

Europe - Walk The Earth (Joey & Mic Acoustic)