ロン・“バンブルフット”・サール(SONS OF APOLLO)が新曲「Planetary Lockdown」を発表!

Overseas Release
SONS OF APOLLOは2月後半からヨーロッパ・ツアーを行なっていたが、新型コロナウイルスによる影響で中断することに。次々と閉鎖される施設から追われるように帰国したギタリストのロン・“バンブルフット”・サールはこの出来事に触発されて新曲「Planetary Lockdown」を発表した。
GUNS N' ROSES、現在はSONS OF APOLLOASIAで活躍している腕利きギタリスト、ロン・“バンブルフット”・サール(Ron "Bumblefoot" Thal)

彼は、インストゥルメンタルの新曲「Planetary Lockdown」をBandcampにて発表した。

「新型コロナウイルスが急速に拡大していた2020年3月頭、SONS OF APOLLOはヨーロッパ・ツアーを行なっていた。しかし、20ある公演のうち最初の4公演をこなしたところで、エンジンを止め、ギアの半分を倉庫へ置いて急いで帰宅することに。ドアがバタバタとしまっていく中で先を争うように戻り、ヨーロッパが閉鎖した。そして、その数日後には世界的に閉鎖されることになったんだ。この曲はその時経験した競争の緊迫感に触発されたもので、自宅待機をしながら完成させた。まさに‘Planetary Lockdown’というタイトルがふさわしいよ」

「けれどもこれもまた一時的なもの。みんなの安全と健康を祈っています」

彼の話にあるように、SONS OF APOLLOは2月28日から約20公演を含むヨーロッパ・ツアーを開始。最初2回のドイツ公演はどちらも完売御礼というさい先の良いスタートを切ったが、新型コロナウイルスによる影響により、会場の閉鎖、移動の制限が始まり、わずか数回の公演を行なっただけで中止せざるを得なくなってしまった。スケジュールは再調整する方向で動くようだ。