EXTREMEのGary Cheroneがラッパー、カニエ・ウェストの「God Is」をカバー!

Overseas Release
EXTREMEのボーカリスト、ゲイリー・シェローンは、クリスチャン・ラッパーとして世界的に有名なカニエ・ウェストの「God Is」をカバーしてイースター(復活祭)に合わせ発表した。
一時期VAN HALENにも在籍していたEXTREMEのボーカリストGary Cherone(ゲイリー・シェローン)は、クリスチャン・ラッパー、音楽プロデューサーとして世界的に有名なKanye West(カニエ・ウェスト)「God Is」をカバー。イースター(復活祭)に合わせて発表した。イースター休暇は国によって多少異なるが、今年はおおよそ4月10日から13日の間に設けられている。

音楽的なスタイルだけを見ると2人の共通点を見つけることは難しいかもしれない。しかし、Gary Cheroneもまた敬虔なクリスチャンである。彼はNewsweekに以下のように語った。

「明らかにKanyeと俺は2つの異なる世界の出身だ。俺は自分のファンにこの曲を紹介してオリジナル・バージョンをチェックしてもらうことができるかもしれない。Kanyeの大ファンというわけではないけれど、アルバムを聴き続けた結果、この曲が良くて何度も聴いたんだ。それで俺のロック・ボイスで歌ってみたくなったのさ」

「God Is」Kanye Westが2019年にリリースした『Jesus Is King』に収録されている曲。アルバムは、Billboardの週間チャートにおいて、Billboard 200、US Christian Albums、US Soundtrack Albums、US Top Gospel Albums、US Top R&B/Hip-Hop Albums部門の1位を記録している。

Gary Cherone - God Is (Kanye West cover)

God Is