ノルウェーのメロディアス・ハードロックSTONEFLOWERが3rd「FINALLY」を4月24日にリリース

Overseas Release
ノルウェーのメロディアス・ハードロックSTONEFLOWERが3rdアルバム「FINALLY」をAOR Heavenから4月24日にリリースする。

ノルウェーの首都オスロにて1996年に結成、 現TNTのディーゼル・ダール<ds>がキャリアの初期に在籍していた 4人組メロディアス・ハードロック・バンドSTONEFLOWERが、 ニュー・シンガー&ドラマーを迎えて放つ3rdアルバム「FINALLY」をAOR Heavenから4月24日にリリースする。

マスタリング・エンジニアには、XYZやKING KOBRA等を手掛けた、ジェフ・ノースラップが務めている。
STONEFLOWER「FINALLY」

STONEFLOWER「FINALLY」

発売日:2020年4月24日
レーベル:AOR Heaven
品番:AOR Heaven 00206

<収録曲>
01.Gonna Let You Go
02.What Can Be Done
03.Believing
04.Calling All Stations
05.Kaylee
06.The Devil Never Cries
07.Shivering Hands
08.Finally
09.Through The Fire
10.How Does It Feel
11.Fall

STONEFLOWER - Gonna Let You Go (Official Video)

 (25361)

<メンバー>
・ジョン・マサキ<vo>、
・トム・セネールド<g.key>
・スヴェン・フネイデ<b>、
・ゲール・ジョニー・ フネイデ<ds>

<バイオグラフィー>
STONEFLOWERは、ノルウェーの首都オスロで活動する4人組メロディアス・ハードロック・バンド。その歴史 は1996年まで遡ることが出来、結成初期は現TNTのディーゼル・ダール<ds>が正式メンバーとして名を連 ねていたが、程なくしてSTAGE DOLLSでプレイしたスタイナー・クロクスタッドに交代している。 初代シンガーのフロード・ヘンリクセンを擁した編成で、1999年のシングル「Sign On」を経て、2003年に 1stアルバム『 CRACK A LITTLE SMILE』をリリースするが、ツイン・ギターを形成していたジョン・ヨハネッセン が2005年に脱退。また、フロードもノルウェーを離れて海外へ移住したため、バンドは2010年に一時解散 するが、 バンド創設メンバーの1人であるトム・セネールド<g.key>は制作を進めていた次作が陽の目を見な いのは勿体ないと思っていた。そこで彼は2014年、STONEFLOWERの2ndアルバム『DESTINATION ANYWHERE』を自主レーベルの 「Late Night Music」にてリリース。これが高評価されたのを受け、創設メン バーのトムとスヴェン・フネイデ<b>はバンド再始動を決意。地元ノルウェーのアイドルでもあるジョン・マサキ <vo> と、スヴェンの実の兄弟であるゲール・ジョニー・フネイデ<ds> を迎え入れ、約6年ぶりとなる3rdアル バムをリリースするに至った。なお、 本作にはRADIOACTIVE等で知られるトミー・デナンダー<g>、 DA VINCI のガナー・ウェスタイル<g>、“ノルウェーのTOTO”と形容されるLAVAのペア・ヒルスタッド<ds>、 SECRET GARDENのビョルン・オレ・ラッシュ<key>という顔触れのゲスト・ミュージシャンが参加しており、XYZやKING KOBRA等でプレイしたジェフ・ノースラップ<g>がマスタリング・エンジニアを務めている。