エジプト産オリエンタル・デス・メタルSCARABが3rd「MARTYRS OF THE STORM」をリリース

Overseas Release
エジプト産オリエンタル・デス・メタルSCARABが3rdアルバム「MARTYRS OF THE STORM」をViciSolum Productionsよりリリースした。

前身バンド時代を含めると結成は2001年に遡り、ヨーロッパ各地の 大型フェスに多数の出演経験があるエジプト産5人組デス・メタル・バンド SCARABが3rdアルバム「MARTYRS OF THE STORM」をViciSolum Productionsよりリリースした。

ゲスト・ミュージシャンとしてカール・サンダース(NILE)、 ジョー・ヘイリー(PSYCROPTIC)、 アクラフ・ラウディ(AETERNAM)、ニキータ・タラセンコ(THE CONTRADICTION)、 アムドゥスシアス・バール(TEMPLE OF BAAL)他、が参加している。
SCARAB「MARTYRS OF THE STORM」

SCARAB「MARTYRS OF THE STORM」

発売中
レーベル:ViciSolum Productions
品番:VSP140

<収録曲>
01.Martyrs Of the Storm
02.Necropotence
03.Kingdom Of Chaos
04.Blood Moon Shadows
05.Circles Of Verminejya
06.The Dwellers Beneath
07.Oblivious Sanctum
08.Coffin Texts
09.Saturnian
10.Upon The Pagan Lands

Scarab - Martyrs of the Storm - 2020 (Album Teaser)

Scarab - Bloodmoon Shadows (Video Clip\Playthrough)

 (25350)

<メンバー>
・サミー・サイード<vo>
・アル・シャリフ・マーゼバン<g>
・タレク・アムル<g>、
・アーメット・アムデル・サマド<b>
・アミール・エル・サイディ<ds>

<バイオグラフィー>
SCARABは、エジプトの首都カイロとその近郊の都市ギザで活動する5人組デス・メタル・ バンド。バンド名の由来は、古代エジプトで太陽神ケプリの化身として神聖視されたタマオシ コガネ属の甲虫である。サミー・サイード<vo> 、アル・シャリフ・マーゼバン<g>、タレク・アムル <g>を中心に、前身バンドのHATE SUFFOCATION 名義で2004~2005年に2枚のデモ音 源を自主リリース後、現在のバンド名に2006年から改称。翌2007年に改名後の第1弾EP 『VALLEY OF THE SANDWALKERS』をリリースする。 2008年11月には、 「UNITED WE ROCK」なるコンテストを制し、アラブ首長国連邦の 「DUBAI DESERT ROCK FESTIVAL」(ヘッドライナーはMOTORHEAD)と、ドイツの野外フェス 「WITH FULL FORCE XVI」 (ヘッドライナーはHATEBREED)への出演権をそれぞれ獲得。 2010年には初のフルアルバム『BLINDING THE MASSES』を発表した。 2012~2014年にはリトアニアの「DEVILSTONE OPEN AIR」、イギリスの「BLOODSTOCK FESTIVAL」、ドイツの「DONG OPEN AIR」に相次いで出演。2015年3月に2ndアルバム『 SERPENTS OF THE NILE』をリリースすると、翌2016年8月に同作を引っさげてイギリスで6 公演をこなし、 2017年8月にはアラブ首長国連邦のデス・メタルのヴェテランNERVECELL と共に、 NILEのドバイ公演をサポートした。本作は約5年ぶりに放った3枚目のフル・アルバ ムで、前掲のNILEのカール・サンダース<vo,g>、豪タスマニア島メタル・バンドPSYCROPTIC のジョー・ヘイリー<g>など多数のゲストを迎えた1枚である。