元CINDERELLAのTom Keiferが「Rise」のMV#EndCovid19バージョンを公開!

Overseas Release
新型コロナウイルス感染拡大が収束すること、そしてこの混乱から復帰できることを願い、元CINDERELLAのボーカリスト、トム・キーファーは、昨年発表した「Rise」のミュージック・ビデオの映像を差し替えて#EndCovid19バージョンを制作した。
CINDERELLAのフロントマンを務めていたトム・キーファーTom Keifer)は、自身のバンド#KEIFERBANDを率いて2019年に2枚目となるソロ・アルバム『Rise』をリリースしている。

アルバム発売時にタイトル・トラックである「Rise」のミュージック・ビデオも発表していたが、新型コロナウイルスによる被害が世界で広がりを見せ、混乱している今、少しでも早くこの騒動が収束するよう映像も新たに“#EndCovid19”なるバージョンを制作した。

「この世界は落ちていってるのかもしれないが、混乱期はやがて過ぎ去り、俺たちは立ち上がる」というメッセージをTom Keiferは投稿。

昨年、彼はこの曲の説明を以下のようにしていた。

‘Rise’の歌詞に“これが最後じゃない。俺は立ち上がるんだ/昇っていくんだ”というフレーズがあって、明白な真理を集約している。人生では美しく素晴らしい時間と最高の時もあれば、予期しないどん底から這い上がらなければいけないことが何度もある。それこそがこの曲の核心なんだよ。アルバム全体の歌詞のほとんどが逆境の時代に強さを見出すことなんだけど、この曲がアルバムのタイトル・トラックには完璧だと思ったんだ」