AS I LAY DYINGがベネフィットとして未発表曲「Destruction Or Strength」を発表!

Overseas Release
世界では、新型コロナウイルス感染防止の措置が経済を停滞させ、食べることに困窮する人も出てきた地域もある。AS I LAY DYINGは、まず、身近な人々に貢献するため、未発表曲「Destruction Or Strength」とTシャツを販売してその売り上げを寄付することにした。

Destruction or Strength

AS I LAY DYING「Destruction Or Strength」という未発表曲をリリースした。

この曲は2019年にリリースされた『Shaped By Fire』のセッション中にレコーディングされたもので、各ストリーミング・プラットフォームにて試聴することが可能。

また、Bandcampでは任意料金制(望むだけ支払う方式)にてダウンロードできるほか、彼らのオフィシャル米国ストアでは「Destruction Or Strength」のデザインを施したTシャツも販売開始。(各サイトへのリンクは本文の下)

今回の未発表曲とTシャツの売り上げはAS I LAY DYINGのロード・クルーとFeeding San Diegoに寄付されることになる。

「憂慮すべきかつてない時代となってしまった。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックがいつまで続くのか、あるいはそれがどの程度深刻な影響を及ぼすのか不透明な中、多くの人々がこの難局を乗り切ろうと必死だ。我々は自分たちのコミュニティと身近な人々に積極的に貢献するため、アルバム『Shaped By Fire』のセッションから未発表の‘Destruction Or Strength’をリリースする。Bandcampを含むすべてのストリーミング・プラットフォームとデジタル小売業者で任意料金制(望むだけ支払う方式)でダウンロードできる。また、このシングルのアートワークをデザインしたTシャツも販売する」

ロード・クルーに関して
「移動制限と責任ある社会的距離をとるという措置は、ライブ・イベント業界の足かせとなっている。ツアーはバンドの収入のかなりの部分をしめているんだが、このツアーを生活の糧にしている勤勉で有能なスタッフがいるんだ。今回集められる資金の一部は俺たちのテクニシャンとプロダクション・スタッフたちに分配され、仕事が減ったことによる収入の損失を軽減させる。俺たちは彼らを家族として愛しているので、できる限りの支援をしたいと考えた」

Feeding San Diegoに関して
「学生たちは以前、無料または割引価格の給食を主な栄養源としていた。しかし、俺たちの州では学校が閉鎖されてしまったため、Feeding San Diegoは、彼らに食料配布する取り組みを積極的に実施している。さらに団体は、高齢者、低所得世帯、そして失業によって経済的困難に直面しているホスピタリティ、サービス、観光業の労働者たちを救済する取り組みを継続してる。よって、俺たちのコミュニティで食事を摂ることに困窮している人々ため、調達されたすべての資金の残りはこの団体へと寄付される」

「今は誰にとっても不安定な状況だとわかっているから、貢献させようという圧力はない。少なくとも、未発表曲をシェアすることで、それを聴いて喜んでくれる人たちに良い影響を与えられることを願っている」