元CELTIC FROSTと元CORONERのメンバーが始めたTAR PONDがアルバムを発売!

Overseas Release
元CELTIC FROSTのベーシスト故Martin Ainと元CORONERのドラマーMarkus Edelmannたちが2015年に始めたアンチ・スーパーグループTAR POND。Martin Ainの死を乗り越えて、ついにアルバム『Protocol Of Constant Sadness』が発表された。
CELTIC FROSTのベーシストだった故Martin Ain、元CORONERのドラマーで作詞を担当するMarkus Edelmann、スクラッチ・アートのイラストレーターでミュージシャンでもあるボーカリストThomas OttPLAYBOYSBEELZEBUB)、グラフィック・アーティストでDJ、ミュージシャンでもあるギタリストA.C. KupperDEMOLITION BLUES)、そしてCORONERのギタリストTommy Vetterliというメンバーで2015年に開始されたスーパーグループ……否、彼らいわく“スイスのアンチ・スーパーグループ”TAR POND

現在のメンバーは以下。

ボーカル:Thomas Ott
ドラム:Markus Edelmann
ベース:Monica Schori
ギター:Stefano Mauriello

TAR PONDは2017年春にアルバムのプリプロダクションを開始。同年8月にスタジオ入りし、すでに脱退していたTommy Vetterliを共同プロデューサーとして協力してもらい、彼が経営するNew Sound Studio(69 CHAMBERSELUVEITIECOREY TAYLORGOTTHARDKREATOR)にて制作。バンドはレーベルを探していたところ、10月21日、Martin Ainが心臓発作にて帰らぬ人になってしまった。

バンドは解散寸前となったものの、元DEMOLITION BLUESMonica Schoriをベーシストに迎え、制作した曲をリリースする計画を推し進めることに。

そして一旦は頓挫しそうになったTAR PONDのアルバム『Protocol Of Constant Sadness』は今年3月20日に日の目を見ることになったのである。

プレスリリースによれば、「陰気で破滅的な音、重苦しさを漂わせる残酷なサウンドトラック、大破局の袋小路、Tom Waitsのようなボーカル」とのこと。

1stシングルとして「Please」のミュージック・ビデオが制作されている。彼らは現実的なアナログ・サウンド、オールドファッションにこだわりがあるようで、このビデオも8mmフィルムを使用。Thomas OttMarkus Edelmannがニューメキシコへ旅行した際に撮られたものだ。なお、Thomas Ottはルイ・ヴィトンのトラベル・ブック・シリーズ『Route 66』(2018年4月19日に出版)の制作のためにニューメキシコへ訪れていた。

アルバムのカバー・アートワークはバンクーバーの現代アーティストSteven Shearerによるもの

フィジカルでのリリースはアナログ・レコードのみというのも彼らのこだわりだ。

なお、バンドは3月20日にチューリッヒのKino Rolandにてアルバム発売記念ライブを予定していたが、新型コロナウイルスの影響を受けて延期となっている。
TAR POND『Protocol Of Consta...

TAR POND『Protocol Of Constant Sadness』

収録曲
1. Damn
2. Please
3. Worm
4. The Spirit

TAR POND - Please (OFFICIAL VIDEO)