NWOBHMの名バンド CLOVEN HOOFの7th「AGE OF STEEL」を4月24日にリリース

Overseas Release
NWOBHMの名バンドCLOVEN HOOFが7thアルバム「AGE OF STEEL」をPure Steel Recordsより4月24日にリリースする。
イギリス中部のウルヴァーハンプトンにて1979年に結成、 知る人ぞ知るNWOBHMの名バンドCLOVEN HOOFが7thアルバム「AGE OF STEEL」をPure Steel Recordsより4月24日にリリースする。
CLOVEN HOOF「AGE OF STEEL」

CLOVEN HOOF「AGE OF STEEL」

発売日:2020年4月24日
レーベル:Pure Steel Records
品番:PSRCD197

<収録曲>
01.Bathory
02.Alderley Edge
03.Apathy
04.Touch The Rainbow
05.Bedlam
06.Ascension
07.Gods Of War
08.Victim Of The Furies
09.Judas
10.Age Of Steel

Touch the Rainbow

 (24969)

<メンバー> L→R
・アッシュ・ベイカー<g>
・リー・ペイン<b>
・ジョージ・コール<vo>、
・マーク・ブリストウ<ds>
・クリス・コス<g>

<バイオグラフィー>
CLOVEN HOOFは、イギリス中部のウルヴァーハンプトンで活動する5人組NWOBHMバンド。 唯一のオリジナル・メンバーであるリー・ペイン<b>を中心に1979年に結成され、1984年に セルフ・タイトルのデビュー・アルバムを発表。その後もメンバー交代を重ねながら、2ndアル バム『DOMINATOR』(1988年)や、3rdアルバム『A SULTAN‘S RAMSOM』(1989年)などを リリースしたが、1990年に一旦解散。それから10年あまり経った2001年、リー・ペインを中 心とする再結成が実現し、2006年6月に復活第1弾アルバム『EYE OF THE SUN』を発表。 それ以後もメンバー交代を重ねながら精力的に活動しており、2012年7月のシングル 「Contagion」からクリス・コス<g>が加入。2015年から米テキサス州の正統派メタル・バンド ASKAのジョージ・コール<vo>が、 CLOVEN HOOFでもヴォーカルを兼務するようになる。 本作はオリジナル・スタジオ盤としては通算7枚目の作品で、2017年4月の前作『WHO MOURNS FOR THE MORNING STAR?』に続き、ジョージがシンガーを務めている。また、アッ シュ・ベイカー<g>とマーク・ブリストウ<ds>を擁する現ラインナップでは第1弾作品となる。