ATKINS MAY PROJECTが新譜『The Final Cut』を4月に発売!

Overseas Release
JUDAS PRIESTの初代ボーカリストAl Atkinsと彼のソロ・アルバムでギターを弾いていたPaul Mayによるクラシックなブリティッシュ・ヘヴィ・メタル・プロジェクトATKINS MAY PROJECT。彼らは6年ぶりの新譜『The Final Cut』を4月に発売。
JUDAS PRIESTの初代ボーカリストAl Atkins、そして、プロデューサーでもあり、Al Atkinsのソロ・アルバムを始め、JANUSA.N.D.でギターを弾いていたクリスチャンPaul Mayによるクラシックなブリティッシュ・ヘヴィ・メタル/ロック・プロジェクトATKINS MAY PROJECT

彼らはこれまでに『Serpents Kiss』(2011)、『Valley Of Shadows』(2012)、『Empire Of Destruction』(2014)といったアルバムのほか、コンピレーション『Anthology』(2015)をリリースしている。このコンピレーションには未発表だったPhil Collinsのカバー「In The Air Tonight」を収録。

そしてこの度、ニュー・アルバム『The Final Cut』を4月にリリースすることが発表された。

アルバムからは「When The Bell Tolls」「Dead Mens Bones」のティーザーが公開になったばかりだ。

ATKINS MAY PROJECT "When The Bell Tolls" Teaser

ATKINS MAY PROJECT "DEAD MENS BONES" Teaser