元GHOSTのHenrik Palmがソロ・アルバム『Poverty Metal』を秋に発売!

Overseas Release
2015年から2016年までGHOSTでベースとギターを担当していたHenrik PalmがフィンランドのSvart Recordsと契約。2ndソロ・アルバム『Poverty Metal』と合わせて1st『『Many Days』』も秋に発売する。
Tobias ForgePapa Emeritus、Cardinal Copia)率いるスウェーデンのGHOSTに2015年から2016年にギターとベースで在籍していたHenrik Palm

多彩な彼は、オカルティックなヘヴィ・メタルのIN SOLITUDE、パンクのISOTOPE SOAP、プログレッシブ・ロックのGÖSTA BERLINGS SAGA、ロック・バンドSÖDRA SVERIGE、パンキッシュなヘヴィ・メタルのSONIC RITUALなどのバンドに名を連ねてきた。

フィンランドのSvart RecordsはそのHenrik Palmと契約し、彼のデビュー・アルバム『Many Days』(2017)、そして新作となる2ndソロ・アルバム『Poverty Metal』を秋にリリースすることを発表した。

Tomi PulkkiSvart Records
Henrik Palmがあらゆる影響下にある曲の数々をもってして生み出したのは、奇抜で魅惑的なロックのめったにお目にかかれない爆発。我々はこの作品を広く世界へ向けて発表できることに興奮している。ダンスからVOIVOD的な不協和音のリフ、そしてプログレッシブ旅行まで巧みに曲を創る才覚を持ったスウェーデン人のアーティストなんてそう存在するものではありません」

Henrik Palm
「ヘンテコな楽器やチューニングを試してみて、曲をより良くしたり、気持ち悪くしたり、美しくしたりするのが好きなんだ。ジャンルなんてくだらねぇ。アイデンティティとフィーリングの方が重要なんだよ」

彼が好む音楽の70%はロウなパンク、そしてTROUBLECELTIC FROSTTHROBBING GRISTLEMY BLOODY VALENTINEなのだとか。

Henrik Palm - Systema

Dogs