独自のハード・ロックンロール完成形7th VOLBEAT『Rewind, Replay, Rebound』

Overseas Release
VOLBEATの7thアルバム『Rewind, Replay, Rebound』2019年8月28日リリース。
デンマーク/アメリカのハードロック・バンド、VOLBEATの通算7枚目のフルレングス・スタジオ・アルバム『Rewind, Replay, Rebound』は2019年8月2日リリース。発売元はRepublic Records。

アルバムには多数のゲストが参加、Mia Maja、Harlem Gospel Choir、CLUTCHのヴォーカリスト、Neil Fallon、EXODUSとSLAYERのギタリスト、Gary Holt、JD McPhersonのバンドからRaynier Jacob Jacildo (piano) and Doug Corocran (saxophone)等。
以下、プレスリリースより。

3年ぶり通算7枚目のアルバム。パンク・ロックだけではなく、ポップスさも加味された意欲作。長年コラボレーション相手を務めてきたヤコブ・ハンセンがプロデュースを手がけ、メンバーもプロデュースに携っている。このアルバムのサウンドを手に入れるべく、彼らは多数のゲストの力も拝借した。バッキング・ヴォーカリストのミア・マイヤと再び数曲で共演したのに加え、ハーレム・ゴスペル・クワイアとも再会。JDマクファーソンのバンドのレイニア・ジェイコブ・ジャシルド(p)とダグ・コロクラン(sax)もまた、才能を曲に寄与している。「チープサイド・スロッガーズ」にはエクソダスとスレイヤーのギタリスト、ゲイリー・ホルトの見事なギター・ソロがフィーチャーされている。創造し進歩する情熱を失わない彼らのハングリー精神と、音楽的真摯さ反映した新作である。
ヴォルビート / リワインド・リプレイ・リバウンド

ヴォルビート / リワインド・リプレイ・リバウンド

2019年8月28日発売
レーベル:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
品番:SICX-132

◆収録曲
01. Last Day Under The Sun
02. Pelvis On Fire
03. Rewind The Exit
04. Die To Live (feat. Neil Fallon)
05. When We Were Kids
06. Sorry Sack of Bones
07. Cloud 9
08. Cheapside Sloggers
09. Maybe I Believe
10. Parasite
11. Leviathan
12. The Awakening of Bonnie Parker
13. The Everlasting
14. 7:24
■日本盤ボーナストラック3曲収録予定。
■歌詞対訳、ライナーノーツ付き
 (12792)

◆メンバー
Michael Poulsen (guitars/vocals)
Rob Caggiano (guitars)
Kaspar Boye Larsen (bass)
Jon Larsen (drums)

VOLBEAT - The Making of "Last Day Under The Sun"