HAVOKが新譜『Ⅴ』を5月に発売!

Overseas Release
コロラド州のスラッシュ・メタル・バンドHAVOKが5thアルバム『Ⅴ』を5月1日にCentury Media Recordsからリリースする。本作は新たなベーシストを迎えて初の作品。かなり実験的要素が多いアルバム仕上がっているようだ。
コロラド州のスラッシュ・メタル・バンドHAVOKは、前作『Conformicide』以来3年ぶりとなる5作目のニュー・アルバム『Ⅴ』を5月1日にCentury Media Recordsからリリースする。

アルバムのエンジニアでミックスとマスターも手掛けたのはMark LewisMETAL ALLEGIANCETHE BLACK DAHLIA MURDERDEATH ANGEL)。

アートワークはEliran KantorTESTAMENTHATE ETERNALMEKONG DELTASIGH)。

David Sanchez(ギター、ボーカル)
『Ⅴ』ではかなり実験的なことを行った。これまで同様の激しさもあるけれど、聴いて驚くような工夫もされている。今回の音楽はさまざまな多くの要素が絡み合って密集していて、これまでで最高のサウンドのレコードだからとてつもなく興奮しているんだ」

また、今作から新しいベーシストBrandon Bruceが参加している。

Brandon Bruce
「俺はHAVOKでベースを演奏できること、そして今回のアルバムには熱狂している。俺たちはヘヴィなリフとブルータルな音楽を維持しながら構成と曲作りに相当重きを置いた。俺はその結果が誇らしいから早く皆に聴いてもらいたいんだ」

HAVOK
Reece Alan Scruggs - Lead Shred
Pete Webber - Lead Drums
David Sanchez - Lead Riffs / Lead Vocals
Brandon Bruce - Lead Bass / Backing Vocals
HAVOK『Ⅴ』

HAVOK『Ⅴ』

収録曲
01. Post-Truth Era
02. Fear Campaign
03. Betrayed By Technology
4. Ritual Of The Mind
05. Interface With The Infinite
06. Dab Tsog
07. Phantom Force
08. Cosmetic Surgery
09. Panpsychism
10. Merchants Of Death
11. Don't Do It