新世代韓国エクストリーム・ミュージックの旗手MESSGRAMがデビュー作「CHEERS FOR THE FAILURES」をリリース

Overseas Release
男声グロウルと女声クリーンヴォイスが絶妙に絡み合い、 AMARANTHE、DEADLOCKなどを彷彿とさせる 新世代韓国エクストリーム・ミュージックの旗手、MESSGRAM初のフルアルバム「CHEERS FOR THE FAILURES」 をIONE ENTより今春リリース。

男声グロウルと女声クリーンヴォイスが絶妙に絡み合い、 AMARANTHE、DEADLOCKなどを彷彿とさせる 新世代韓国エクストリーム・ミュージックの旗手、MESSGRAM初のフルアルバム「CHEERS FOR THE FAILURES」 をIONE ENTより今春リリースする。

バンドは1月に来日公演を行い、会場では既にアルバムを先行発売済み。
MESSGRAM「CHEERS FOR THE FAI...

MESSGRAM「CHEERS FOR THE FAILURES」

発売日:2020年春
レーベル:IONE EN
品番:IONE1012

<収録曲>
01.Little But Fierce
02.Rockstars
03.karma
04.A Handful Of Light
05.Signal
06.Purgatory
07.As Time Goes By
08.Omen
09.Poena
10.Lightfall
11.Karma(Electro Mix)
12.Rockstars(Korean Version)
MESSGRAM

MESSGRAM

<メンバー>L→R
・イ・スジン<ds>
・Jahnny<growl,key>
・キム・ジヨン<vo>
・パク・チャンヒョン<b>
・シン・ユシク<g>

<バイオグラフィー>
MESSGRAMは、韓国の首都ソウルで2011年から活動する男女ツインヴォーカル形態のメ タルコア/ポスト・ハードコアバンド。バンド名は「混乱」を指す「MESS」と、単位記号の「グラ ム」を掛け合わせた造語で、「異なる音楽的スタイル、バックグラウンドを有するメンバーが集 結し、混乱をコントロールする」という意味が込められている。 2014年4月にオール英語詞のデビューEP『THIS IS A MESS, BUT IT‘S US』を発表するが 初代女性シンガーのYKが脱退。その後、オーディションを経て2代目シンガーのキム・ジヨン が2015年5月に加入すると、同年8月に東欧のハンガリーでライヴを敢行。2015年12月に、 デジタルシングル「PATTERNS」を発表すると、パク・チャンヒョン<b>を擁した現行ラインナッ プで2016年9月に東京で初来日公演を行い、同年10月にセカンドEP『ETERNAL CRAVING』をリリースした。2017年8月に2度目の来日公演を行うと、Jahnny<growl,key> とジヨンの2人が日本産メタルバンドMEPHISTOPHELESの3rdアルバム『hide and seek』で 客演。彼ら2人は、2019年2月に東京で行われたMEPHISTOPHELESのワンマンライヴにも ゲスト出演し バンドとしても2020年1月に3度目の来日公演を行った。本作はキャリア初の フルアルバムである。