LORDIの新譜『Killection』が1月31日リリース!

Overseas Release
フィンランドのLORDIの新譜『Killection』はAFM Recordsから発売される。「Like A Bee To The Honey」はJean BeauvoirとKISSのPaul Stanleyによって書かれ、Michael Monroeがサックスで参加している。
フィンランドのLORDIは1月31日に『Killection』とタイトルされた10枚目のアルバムをAFM Recordsからリリースする。

本作はとてもユニークな発想によって創作されたアルバムで、LORDIというバンドが70年代初期から存在していたと仮定。70年代から90年代半ばにどのようなヒット・シングルをリリースしたかを想像して、それらの曲をまとめたコンピレーション・アルバムという想定となっている。

バンドはこれまでに「Shake The Baby Silent」「I Dug A Hole In The Yard For You」のビデオを発表しているが、アルバムリリース直前となって強烈な一曲「Like A Bee To The Honey」を公開した。

まず、「Like A Bee To The Honey」にはMichael MonroeHANOI ROCKS)のサックス・ソロがフィーチャーされているということ。

さらにこの曲を書いたのは、KISSのフロントマンPaul StanleyJean Beauvoir

Jean Beauvoirは、THE PLASMATICSCROWN OF THORNSで活躍し、KISSRAMONESGLENN HUGHESNONA HENDRYXなどにも曲を提供している人物。その彼の引き出しの中に80年代後半から眠っていた曲がLORDIへと引き継がれて「Like A Bee To The Honey」となった。

Mr. Lordi(ボーカリスト)
「これはKISSがなければ存在すらしなかったバンドにとって非常に光栄なことだ。1980年代後半の、これまでファンが誰も触れることがなかった曲を聴けるという特権だけでなく、その曲をみんなに届けるアーティストになれるとは驚くべきことだよ」

KISSファン・クラブのフィンランド支部会長を務めていたMr. Lordiにとってはかけがえのない一曲となったことは明白だ。

なお、Mr. Lordi、ギタリストAmenJean Beauvoirの3人で作った「Scream Demon」もアルバムには収録されている。

LORDI - Like A Bee To The Honey (2020) // written by Paul Stanley & Jean Beauvoir // AFM Records

LORDI『Killection』

LORDI『Killection』

収録曲
01 Radio SCG 10
02 Horror For Hire
03 Shake The Baby Silent
04 Like A Bee To The Honey
05 Apollyon
06 SCG10 The Last Hour
07 Blow My Fuse
08 I Dug A Hole In The Yard For You
09 Zombimbo
10 Up To No Good
11 SCG10 Demonic Semitones
12 Cutterfly
13 Evil
14 Scream Demon
15 SCG10 I Am Here