アンダーグラウンド・メタルの精神史を総覧するディスクガイド『ヴィンテージ・アンド・イーヴル』が12/26に発売。“ヴィンテージ”で“邪悪”な音源を約800枚紹介

Domestic Release
タイトル:『Vintage and Evil ヴィンテージ・アンド・イーヴル』
監修・著者:杉本憲史
執筆ライター:別府“veppy”伸朗、濱島浩輝(Outbreak Riot)、
Yu(Witchslaught)、Minachin(Witchslaught)、加藤隆雅(梵天レコード)
本体価格:2,000円+税 発売日:2018年12月26日
発売元:株式会社星雲社 発行:オルタナパブリッシング

“ヴィンテージ”で“邪悪”な音源をテーマに様々な音源が紹介されたディスクガイド『ヴィンテージ・アンド・イーヴル』が2018年12月26日に発売される。

アンダーグラウンド・メタルシーンの音楽史と精神史を総覧することを目的とし、60年代後半から現代までマニア達に語り継がれる“ヴィンテージ”かつ“イーヴル(邪悪)”な音源を年代順に定番商品から再発モノ、カルトアイテムまで約800枚を紹介されている。

以下、プレスリリースより抜粋。

■「ヴィンテージ」とは
アナログ盤の真に迫るようでいて心安らぐような音質、ローファイな録音環境で収録された低出力な音量、一発録りに近いレコーディングでなされた生々しい臨場感。

■「邪悪」とは
歌詞や音楽のコンセプト上で悪魔や魔術、一般的な社会通念上美徳とされていることに対しての不徳をモチーフとしていること、(あくまでリスナーの主観によるが)音自体が魔術性を帯びていること。

■60年代後半~70年代(サイケ、ガレージ、ハードロック)
■80年代前半(NWOBHM、パワー・メタル、スピード・メタル、ハードコア・パンク)
■80年代後半(スラッシュ・メタル、デス/ブラック・メタル・オリジネイター、メロディック・パワー・メタル、メタル・クラスト)
■90年代(ドゥーム・メタル、オールドスクール・デス/ブラック・メタル、ブラッケンド・スラッシュ・メタル)
■00年代~(NWOTHM、メタル・パンク、ヴィンテージ・ハードロック、スラッシュ・メタル・リヴァイヴァル、再発音源)

掲載バンド(一部)
Coven、Blue Cheer、Black Sabbath、Budgie、Sir Lord Baltimore、Motorhead、Iron Maiden、Venom、Pagan Altar、Angel Witch、Witchfinder General、Pentagram、Saint Vitus、Trouble、Plasmatics、Discharge、Zadkiel、Doom(UK & JPN)、Anti Cimex、G.G. Allin、Mentors、Mercyful Fate、Hellhammer、Bathory、Candlemass、Slayer、Bulldozer、Razor、Sodom、Sarcofago、Bolt Thrower、Obituary、Nihilist、Darkthrone、Von、Beherit、Blasphemy、Sabbat(UK & JPN)、Sigh、Abigail、Nifelheim、Gehennah、Cathedral、Electric Wizard、Church Of Misery、Toxic Holocaust、G.A.T.E.S、Midnight、Witchcraft、Ghost、Satan’s Satyrs、Admiral Sir Cloudesley Shovell、The Shrine、Zex、Evil、Nepenthes、etc......

Vintage and Evil ヴィンテージ・アンド...

Vintage and Evil ヴィンテージ・アンド・イーヴル

タイトル:『Vintage and Evil ヴィンテージ・アンド・イーヴル』
監修・著者:杉本憲史 執筆ライター:別府“veppy”伸朗、濱島浩輝(Outbreak Riot)、Yu(Witchslaught)、Minachin(Witchslaught)、加藤隆雅(梵天レコード)

本体価格:2,000円+税
発売日:2018年12月26日
発売元:株式会社星雲社
発行:オルタナパブリッシング