名古屋発メタルコアバンド1st ABYSSBEACH『Deadman's eye』

Domestic Release
ABYSSBEACH『Deadman's eye』2019年8月21日リリース。BRUTAL CLUB RECORDS。
"INNER UNIT"、"CALUSARI"など、名古屋では知らぬ者はいないハードコア界の雄。そのメンバー等によって結成されたメタルコアバンドABYSSBEACH待望の1stアルバム!ゲストボーカルにNORIO(EACH OF THE DAYS)を迎えて完成した本作は、形に囚われない変幻自在のメタルコアサウンドが炸裂する!

名古屋発のメタルコアバンド”ABYSSBEACH”。
Dr.TAKUMA(THE MONSTERS  / ex-NEW DAWN / ex-AGGRO KNUCKLE)を中心に、Vo.CHIMERA(ex-INNER UNIT)、Gt.ATSUSHI(ex-CALUSARI / ex-INNER UNIT)、Gt.YU-TA(THE LONG HORN TRAIN)、Ba.SHOJI(ex-INNER UNIT)の5人により2015年に結成。
翌2016年に自主制作でリリースした1st DEMO CD-Rは、地元のレコード店やライブ会場での手売りが中心でありながらも、初回プレス500枚を即ソールドアウト。
アンコールに応えて制作した追加プレス500枚も、破竹の勢いでソールドアウトし、その期待値の高さを窺わせた。
結成当初はNYスタイルのメタリックなハードコアをベースにしたサウンドだったが、2018年のGt.ATSUSHIの脱退を機に、スラッシュメタルやメロディックデスメタルなどを柔軟に吸収し、根底にメタルコアを残しつつも、形に囚われない独自の”ABYSSBEACH”サウンドへと昇華させていった。

その活動は日を追うごとに勢いを増しており、本作ではレコーディングエンジニアを務めたu-ki(X IMAIKE / THE LONG HORN TRAIN / KRIEG)をライブサポートメンバーとして迎え、2019年より自主企画”BRUTAL CLUB"をスタート。
2月に開催されたVol.1ではVANISHINGとLAST BOSS、続くVol.2ではMURDER WITHIN SIN、SHIELD、REVENANTといった、錚々たる盟友達が出演。
(※本作のリリース後ではあるが、Vol.3にはKIM、BEYOND HATE、JYROが出演決定!)
そんな中、ゲストボーカルにNORIO(EACH OF THE DAYS)を迎え、一切の妥協を許さずレコーディングされ完成した、待望の1stアルバム”Deadman’s Eye”を遂にリリースする!

ライブでの爆発力を予感させる高速スラッシュナンバー”HAKUCHI”から、本作中で最もメロディックな意欲作”DEADMAN’S EYE”への流れは、まさに変幻自在、メタルコアの枠に囚われない”ABYSSBEACH”の真骨頂、唯一無二のサウンド。

すでにライブでは定番になっている正統派メタルコア”THE END OF WORLD”、一転して無機質なインダストリアルナンバー”JUDGEMENT”など、個性豊かな楽曲で彩られた全8曲。
錚々たる肩書きや、ジャンルという先入観を、すべて打ち砕き無に還す、まさに渾身の1枚がここに完成した
ABYSSBEACH / Deadman's eye

ABYSSBEACH / Deadman's eye

2019年8月21日発売
レーベル:BRUTAL CLUB RECORDS
品番:BTCB001

◆収録曲
01. HAKUCHI
02. DEADMAN'S EYE
03. MUNOU
04. THE END OF WORLD
05. JUDGEMENT
06. IFFERENCE OF HAPPINESS
07. MODERN LOVE STORY
08. THE END OF WORLD(DEMO.Ver)

ABYSSBEACH 【deadman's eye】