2020年1月に急逝した大阪のギタリスト、藤田哲也による様式美ハードロック・バンド Weird Talesの幻の音源が4月21日(水)にBlue Butterflyよりリリース!

Domestic Release
2020年1月に急逝した大阪のギタリスト、藤田哲也による様式美ハードロック・バンド Weird Talesの幻の音源が4月21日(水)にBlue Butterflyよりリリースされる

2020年1月に急逝した大阪のギタリスト、藤田哲也による様式美ハードロック・バンドの幻の音源がリリース!

藤田が残した録音機材からの音源を抽出し、不足していたトラックをレコーディング、ミックス済の7曲のリマスタリングと未完成3曲のステム・ミックス及びマスタリングを経て完成した本作は、藤田の敬愛するリッチー・ブラックモアに強くインスパイアされた楽曲が詰まった、様式美ハードロック・ファン垂涎の作品!

岡崎勝利 (Vo:ex.ABSOLUTE/BOILING BLOOD)、田口雅敏(Key:ex.BLACK MASTER MOUNTAIN)などが全面参加。昭和、平成の時代を経て、70年代から80年代にかけての古き良き様式美ハードロックを令和の世に問う珠玉の楽曲群をぜひ体感していただきたい!
Weird Tales「...Under the Moon」

Weird Tales「...Under the Moon」

発売日:2021年4月21日(水) 
レーベル:Blue Butterfly
品番:BFLY-005
価格:2,700円+税

<収録曲>
01. Dark Knight Returns
02. Desert Treasure
03. Fortune Seeker
04. Unbroken Dream
05. Sinful Existence
06. Too Late to Confession
07. Weight of The Earth
08. Roll the Dice
09. Magic Sign
10. Under the Moon

all songs written&Arranged by Tetsuya Fujita
all lyrics written by Katsutoshi Okazaki

Produced by Tetsuya Fujita

Tetsuya Fujita - all Guitars&all Bass(except track 2)

Katsutoshi Okazaki - all Vocals
Masatoshi Taguchi - all Keyboards
Kenji Kanaya - Drums(track 1,3,4,5,6,8,9)
Yasuo Iwaki- Bass(track 2)

【バイオグラフィ】
70~80年代のハードロックに強く影響された大阪のギタリスト、藤田哲也は10代後半よりバンド活動を始め、数年後より彼の敬愛するリッチー・ブラックモアらに強くインスパイアされたオリジナル楽曲を演奏し始めるが、数回のライヴ活動の後メンバーの脱退などで解散、活動停止を余儀無くされる。
2001年に音楽雑誌のメンバー募集ページにて岡崎勝利(Vo:後にBOILING BLOOD、ABSOLUTE)と知り合い、以前からのメンバーである金谷謙二(Ds)と合流し活動を開始。前メンバーの森永勝也(Ba)も復帰し、新たなバンドとして名前をWeird Tales(奇妙な物語)とし、3曲入りデモCD-R「THREE STORIES」を制作、大阪西九条BRANDNEWでの初ライヴにて無料配布を行う。
その後、京都でもライヴを行うが、藤田の体調不良によりまたしても活動休止を余儀なくされる。
2008年に森永が急逝。翌年10月に彼の一周忌ライヴにて、サポートに渕上浩史(Ba:後にABSOLUTE、FORCEFIELD、2016年逝去)を迎えて限定復活する(結果的にこのライヴがWeird Talesのラストライヴとなった)。
その後、藤田は楽曲を自身のライフワークとして改めて音源化すべく作業を開始する。ドラムの金谷に加えて関西で数々のバンドで活躍していた田口雅敏(Key:後にBLACK MASTER MOUNTAINに加入→脱退)を迎え、ベースは藤田本人が弾き、10曲入りアルバムの完成を目指した。
制作はスローペースだったが、岡崎が東日本大震災のチャリティアルバム「RISING SUN」にMetal Bless JAPANのメンバーとして参加、そこにWeird Talesの制作中音源から“Magic Sign”を提供することになる。2012年6月のMetal Bless JAPAN大阪ライヴでは、ABSOLUTEのステージに藤田が飛び入りし、“Magic Sign”を演奏した。
その後もなかなか制作ピッチは上がらなかったが、2019年秋にようやく全ヴォーカルトラックの録音が終了、後は鍵盤やギターのソロの一部を残すのみとなった。
しかし2020年1月2日、藤田が急逝。制作は中止の危機に見舞われたが、遺族の意思も確認したうえで岡崎は完成させる事を決意、藤田が残した録音機材から音源の抽出、確認作業を田口が担当、不足トラックの録音を経て、ミックス済の7曲のリマスタリングと未完成3曲のステム・ミックス及びマスタリングをGALAXY BLAST MASTERINGが手がけ、Weird Talesのアルバム「...Under the Moon」が完成した。