北の凶獣SABER TIGERが12月18日に2タイトル同時リリース

Domestic Release
北の凶獣SABER TIGERが12月18日(水)にミニ・アルバム「THE SHADE OF HOLY LIGHT」とアナログ7インチEP+CDの2枚組仕様の「MONEY」の2タイトルをリリースする。

2度目の欧州ツアーと海外野外フェス初出演を成功させ、35年のキャリアを超えてなお、かつてなく火力の高い精力的な活動を続ける「北の凶獣」SABER TIGER。
激動を駆け抜けた2019年の締めくくりとしてミニ・アルバム「THE SHADE OF HOLY LIGHT」とアナログ7インチEP+CDの2枚組仕様の「MONEY」の2タイトルを12月18日(水)にリリースする。

「THE SHADE OF HOLY LIGHT」


ミニ・アルバム「THE SHADE OF HOLY LIGHT」は、昨年リリースした最新スタジオアルバム「OBSCURE DIVERSITY」より、慟哭のパワーバラード"The Shade Of Holy Light"を、聴く者の胸を引き絞る感動的なオーケストラ・バージョンとしてリ・アレンジしてフィーチャー。

他に、同曲のアルバム・バージョン、2018年11月渋谷マウントレーニアホールにて収録されたライヴ・バージョン、さらには同公演より"The Worst Enemy"、"Push"のライヴテイクをボーナストラックとして収録。日本国内ではディスクユニオン、海外ではSLIPTRICK RECORDSから世界同時発売される。
THE SHADE OF HOLY LIGHT

THE SHADE OF HOLY LIGHT

発売日:2019年12月18日(水)
発売元: 株式会社エッジトラックス/ハイプネイション
販売元: ディスクユニオン
品番:HNCR-0018
価格:2,200円(税込)

◆収録曲
01. The Shade Of Holy Light (Orchestra Version)
02. The Shade Of Holy Light (Album Version)
03. The Shade Of Holy Light (Live Version)
04. The Worst Enemy (Live Version) - Bonus Track
05. Push (Live Version) - Bonus Track

「MONEY」


アナログ7インチEP+CDの2枚組仕様で発売される「MONEY」は、1998年に発表されシーンにおける存在感を確固たるものにした傑作「BRAIN DRAIN」の21周年記念盤で、ディスクユニオン限定でのリリース。同作より人気ナンバー"Money"を、新たに書き下ろされた英詞にてリ・レコーディングし、アナログEPの表題曲として収録。

Bサイドには、かつて田中康治が率い水野泰宏と共に活動していたHARD GEARの名曲"Final Crisis"を、SABER TIGERバージョンとしてリ・アレンジして収録。同封されるCDには以上の2曲に加え、"Fast As A Shark"(ACCEPT)、"High Wire"(BADLANDS)のカバー・バージョンをボーナストラックとして収録。
MONEY

MONEY

発売日:2019年12月18日(水)
発売元: 株式会社エッジトラックス/ハイプネイション
販売元: ディスクユニオン
品番:HNXR-0020
価格:2,200円(税込)

◆アナログ 7インチEP収録曲
A1. Money
B1. Final Crisis

◆CD収録曲
01. Money
02. Final Crisis
03. Fast As A Shark (ACCEPT Cover) - Bonus Track
04. High Wire (BADLANDS Cover) - Bonus Track

SABER TIGER ツアー情報

 (20858)


SABER TIGER TOUR 2020 - GATEWAY TO THE NEW AGE
2020年2月1日(土) 札幌 Solid
2020年2月23日(日) 大阪 Big Twin Diner SHOVEL
2020年2月24日(月・祝) 名古屋 ell.SIZE
2020年2月29日(土) 渋谷 GARRET
2020年3月1日(日) 新宿 WildSide Tokyo [ EXTRA SHOW ]