MERCYFUL FATEが2020年に復活、デンマークで行われる『Copenhell Festival』他に出演

Overseas News
MERCYFUL FATE復活。
デンマーク出身のヘヴィメタル・バンド、 MERCYFUL FATEが2020年に復活する。彼らの声明によると、2020年6月17日から20日にかけて彼らの地元コペンハーゲンで行われるフェスティバル『Copenhell Festival』に出演、他にも欧州でコンサートを行う予定であると発表した。

バンドがライヴ演奏を披露するのは、2011年12月7日にカリフォルニアのフィルモアで行われたMETALLICAの30周年記念コンサート以来。

メンバーは、
ハンク・シャーマン(Hank Shermann) - Guitar
キング・ダイアモンド(King Diamond) - Vocals
ビャーネ・T・ホルム(Bjarne T. Holm) - Drums
マイク・ウィード(Mike Wead) - Guitar

ティミ・ハンセン(Timi Hansen)がいない間は、ARMORED SAINTのFATES WARNINGのジョーイ・ヴェラ(Joey Vera)がベースを担当すると発表している。
 (15450)