CHILDREN OF BODOM~BODOM AFTER MIDNIGHTのアレキシ・ライホ死去

Overseas News
CHILDREN OF BODOM~BODOM AFTER MIDNIGHTのアレキシ・ライホが昨年末に亡くなっていたことが発表された。享年41歳、安らかに。
 (29810)


CHILDREN OF BODOMや新バンドBODOM AFTER MIDNIGHT、THE LOCAL BAND等の活躍で知られるアレキシ・ライホが亡くなったニュースが飛び込んできた。

アレキシ・ライホのオフィシャルによると世界中で最も有名なギタリストの一人であり、特にCHILDREN OF BODOMのフロントマンとしてよく知られるアレキシ・ライホが先週ヘルシンキの自宅で死去したと発表した。
晩年長期にわたり健康問題で苦しんでいたことが記載されている。
享年41歳だった。

2019年12月に行われたフェアウェル・ツアーでCHILDREN OF BODOMは事実上解散となり、アレキシ・ライホとダニエル・フレイベリを中心に元SANTA CRUZやCAMUで知られるミティヤ・トイヴォネンとPARADISE LOSTで知られるワルッテリ・ヴァユリュネンが加入し結成されたBODOM AFTER MIDNIGHTは、昨年デビュー・アルバムに向けて3曲がレコーディング、1本のミュージックビデオが撮影されていた。
これらのマテリアルは後でリリースされる予定となっている。

「重い気持ちと深い悲しみとでアレキシ・ライホの訃報を発表しなければならない。親しい友達でもあり、バンドメンバーの突然の死に俺たちは打ちひしがれている。バンドとして俺たちのジャーニーは始まったばかりだった。このショックと底なしに深い悲しみはとても言葉では言い表せない。」
とBODOM AFTER MIDNIGHのメンバーからステートメントが発表になっている。
葬儀はプライベートで行われる予定とのことだ。

ご冥福をお祈りいたします。