「誰のためでもなく自分のために」ジャック・ラッセル

Overseas News
GREAT WHITEの創設者でボーカリストのジャック・ラッセルが立ち上げたJACK RUSSELL'S GREAT WHITE。彼らはGREAT WHITEの『Once Bitten』(1987)をアコースティックでカバー。近年は誰のためでもなく、自分が満足できる作品を作るようにしているとのこと。
GREAT WHITEの創設者でボーカリストのジャック・ラッセル(Jack Russell)がバンドを離れ、立ち上げたJACK RUSSELL'S GREAT WHITE

彼らはデビュー・フルレングス・アルバム『He Saw It Coming'』を2017年にリリースしている。

そして今月新たにリリースされた『Once Bitten Acoustic Bytes』は、そのタイトルが示すとおりGREAT WHITEが1987年にリリースした3枚目のフルレングス・アルバム『Once Bitten』の全9曲をアコースティックでカバーしたアルバム。さらに、「Babe (I'm Gonna Leave You)」も追加されている。これはフォーク・シンガーAnne Bredonが書いた曲。LED ZEPPELINもカバーした曲で、彼らの大ファンであるジャック・ラッセルもそのバージョンを下敷きに昔からライブで演奏している。

ジャック・ラッセルSleaze Roxxのインタビューで以下のように答えている。

「『MTV Unplugged』セッションに触発されて、これらの曲をアコースティックにしたものを聴いてみたいと思ったのがきっかけ。そして最終的にはアルバム1枚まるごとそうすることになった。『もしこれをアコースティックにしたらどんな感じになるんだろう』と『Once Bitten』のアルバムを見ながら上手くやれるかどうかを考えた。そこで出た結論はこうだ。『そんなことはどうでもいい!全力で前へ進むんだ!』ってね」

「リスクはあったよ。一部の人々を落胆させるかもしれなかった。でも、これまでのところ、ファンやレヴューした人たちからは好意的な意見しか聞かない。この反応には満足だよ。でも俺はさ、もう誰のためにもアルバムを作っていないんだ。自分のためにやってるってこと。自分が曲を書いてレコーディングするものに自分が満足しないとな。それができれば素晴らしいことだろ。たとえほかの人たちが気に入らないとしても、俺は自分のお気に入りの作品を持っていることになるんだ」

「俺たちは『…Twice Shy』(1989)もアコースティックでカバーする。『Hooked』(1991)もやりたいね。それら3枚のアルバムをこの方法でやってみてどうなるのか見てみようと思う。『Psycho City』(1992)もやるかもしれない。あの当時のものをカバーしてみたいんだ」

Jack Russell’s Great White - Save Your Love (Official Music Video)

JACK RUSSELL'S GREAT WHITE『...

JACK RUSSELL'S GREAT WHITE『Once Bitten Acoustic Bytes』

収録曲
01. Lady Redlight
02. Gonna Getcha
03. Rock Me
04. All Over Now
05. Mistreater
06. Never Change Heart
07. Fast Road
08. Livin’ On The Edge
09. Save Your Love
10. Babe (I’m Gonna Leave You)