ブライアン・メイがガーデニング中に怪我でしばし療養

Overseas News
QUEENのブライアン・メイはガーデニング中に大臀筋を負傷した。過度な負担をかけてしまったことによる。すでに退院しているが、痛みが酷く、歩くことや眠ることが困難な状態。暫くは完全休養するとのこと。
ガーデニングに夢中になっていたQUEENブライアン・メイ(Brian May)は、大臀筋(お尻の部分の筋肉)に過度な負荷をかけて傷つけてしまい、病院で診てもらうことになった。

現在は退院しているが、酷い痛みが続いているようで、歩くことや眠ることが困難とのこと。

彼はマスクをした姿と車椅子で病院を移動する動画を5月6日(現地時間)にソーシャルメディアに投稿している。

「ガーデニングに熱中し過ぎた瞬間に大臀筋を引き裂いてしまった。それで気がついたら病院で損傷具合を調べるためにスキャンすることになっていた。どうやら徹底的に仕事に打ち込んでいたということが判明したよ。2日ぐらい前のことさ。容赦のない痛みが続くから、しばらくは多くの支援なしで歩いたり寝たりすることができない。だからみなさん、私は当分の間、家で完全に休養して静かにしていなくてはならない。どうか同情の言葉などは送らないようにしてください。つかの間、癒やしの静けさが欲しいだけなのです。もちろん戻ってきますが、まずは完全休養しなくては。よろしいですか?ありがとう」