POWERWOLFの新譜は2021年に発表できる!

Overseas News
ドイツのパワー・メタル・バンドPOWERWOLF。ギタリストのマシュー・グレイウルフによれば、『The Sacrament of Sin』(2018)に続くオリジナル・スタジオ・アルバム用の曲作りは順調に進んでおり、年末までにはレコーディングを開始、2021年には新譜が発表できるという。
ドイツのドラマティック・パワー・メタル・バンドPOWERWOLFのギタリスト、マシュー・グレイウルフ(Matthew Greywolf)がバンドのソーシャルメディアに投稿した内容によれば、曲作りは数ヶ月前から行なっており、来年にはニュー・アルバムが発表できるとのこと。

マシュー・グレイウルフ
「世界がロックダウンする数ヶ月前から、俺は自分のスタジオに閉じこもって、POWERWOLFの8枚目となるアルバムのために新しい曲を書き始めた。だから今ではかなり多くの魅力的なものがあって、アッティラ・ドルン(ボーカル)と一緒に取り組んでいるところ。エネルギーとフックがいっぱいあるから俺たちはゾクゾクするくらい興奮しているんだ。年末までにはレコーディングを開始して、2021年には間違いなくPOWERWOLFの新章が登場することになる。じゃあ、その時まで。家にの中で安全にそして健康に過ごしてくれよ!」