STYXは新譜に向けて素材を準備中

Overseas News
STYXのベーシスト、リッキー・フィリップスによれば、バンドは『The Mission』(2017)に続くアルバムのための曲作りを始めているとのこと。
STYXのベースを務めるリッキー・フィリップス(Ricky Phillips)は、サンフランシスコをカバーするFMラジオ107.7 The Boneに出演し、バンドが『The Mission』(2017)に続くアルバムの作業を行なっていることを語った。

トミー・ショウ(Tommy Shaw)は自宅のあるナッシュビルで曲作りをしていて、私はオースティンの自宅で彼から送られてくる素材にベース・パートを書いている。洞窟生活から開放されればみんなで集まってレコーディングを始めるよ。曲はかなり面白いものになっているね。私はとても楽しんでいるから、あまり気の毒に思わないでほしい。家で好きなことをしているわけだから」

リッキー・フィリップスは、THE BABYSTED NUGENTBAD ENGLISHCOVERDALE・PAGEFREDERIKSEN/PHILLIPSをはじめ、UNRULY CHILDJEFF SCOTT SOTOなど多くの作品に参加してきたミュージシャンだ。

「1枚だけ落ち度があると言わざるを得ないものもあるかもしれないけど、STYXのほぼすべてのアルバムはサウンド、トーン、ボーカルにこだわってきた。プログレッシブなものから変拍子もたくさんあるけれど、音楽理論の授業って感じじゃなくてもっと親しみやすいものさ。あらゆる人々と音楽制作を行なってきたミュージシャンとして、私には挑戦が必要なんだ。3コードや4コードの曲を演奏しているだけなら、人生のこの時点でバンドにはいないと思う。だからこのバンドはとても楽しいのさ」

新型コロナウイルスのパンデミックに影響された曲はあるのだろうか。

「ちょっと予言めいたものならあるね。こうなる前に書いた曲の中で2つ3つそれっぽいものがあったから『トミー、君はこれを今の状況になる前に書いたのかい?』と聞いてしまったけど、STYXは私が加入する以前からこのようなポジティブなメッセージがあったし、それが魅力の一つにもなっている」

STYXは2017年に16枚目のスタジオ・アルバムとなる『The Mission』をリリースしている。

Chasta Interviews Ricky Phillips of Styx Remotely